ここから本文です

英ジョージ王子が航空ショーで初公務

25ansオンライン 7/11(月) 12:30配信

8日(金)、グロースターシャー州、かつてウィリアム王子が勤務されていたRAFの基地空港で行われた、ミリタリーエアショー(ザ・ロイヤル インターナショナル エア タトゥ)の初日に出席されたウィリアム王子&キャサリン妃ご夫妻。なんとジョージ王子も一緒に登場!
父ウィリアム王子と同様に飛行機ファンの息子ジョージ王子のために、この家族向けイベントに同行を決められたのでしょう。このイベントに関わっているキャサリン妃が、パトロンとなられている空軍士官学校の人たちとお会いになったり、様々な飛行機をジョージ王子と一緒にご覧になりました。なんと、レッドアローホークに試乗も体験!
ジョージ王子にとって、いわば初公務?とも言える、この日。最初こそ、あまりの人の数や飛行機ショーなどの騒音に驚かれ、不安な表情で泣きそうになり、ママに抱っこをしてもらったジョージ王子でしたが、3歳を目前の少年には当然ですよね。その後すぐ、用意されていたプロテクターを耳につけ、落ち着かれました。
数ある飛行機の中で最も興味を示されたのが、ユーロコプター エキュレイユと呼ばれるヘリコプターで、かつてパパ ウィリアム王子が訓練用に乗られていた機種のヘリ。そりゃあパパは嬉しいに決まってますよね。一生懸命息子に説明をしてあげていらっしゃるパパと指をさしながら聞き入るジョージ王子。パパは、空軍アクロバットチームのレッドアロー ホークへの試乗の際も息子のサポート。ジョージ王子は3歳ですでに夢のパイロット気分を楽しまれました。
ジョージ王子は、帰る頃には、すっかり人馴れもされ、人々に手を振ったり、なんとサムズアップ(親指を立てるジェスチャー)も。

【写真】サムズアップするジョージ王子

それにしても感動したのは、キャサリン妃のママぶり。いつもと全く変わらない様子で公務とママ業を自然に両立。落ち着いて、常に優しい表情でジョージ王子の様子を常に気にかけながら、ぐずりそうになればすぐに抱っこされている姿に、こちらまでほっこりした気分に。いかに日頃から良いママであるかが見て取れるようでした。その証拠に、ジョージ王子の「ママ大好き」がとっても伝わり、また感動。キャサリン妃ママは、あせらずに、ちゃんと子供に向き合って言い聞かせるタイプのようです。機内で、ジョージ王子の両手を握って何かをおっしゃっている瞬間を捉えた一枚の写真がありましたが、じっとママを見つめるジョージ王子の表情からは、何やらママから勇気をもらっているようで、不思議なママと息子の絆のようなものを感じさせられました。ママは偉大ですね。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:7/11(月) 12:30

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。