ここから本文です

悪天候に見舞われたツール・ド・フランス第9ステージでドゥムランが区間初優勝!

CYCLE SPORTS.jp 7/11(月) 8:23配信

コンタドールが途中リタイア

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月10日にスペインのビエラ・バル・ダランからアンドラ公国のアルカリス山までの184.5kmで頂上ゴールの第9ステージを競い、最後のアルカリス山(カテゴリー超級)は土砂降りの雷雨と雹に見舞われる厳しいレースになったが、オランダのトム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン)が独走で逃げ切って区間初優勝を果たした。

ドゥムランは昨年ブエルタ・ア・エスパーニャで区間2勝し、今年はジロ・デ・イタリアでも区間優勝しており、これで3大ツアーすべてで区間優勝したことになった。

マイヨ・ジョーヌは英国のクリストファー・フルーム(スカイ)が守った。


この日は第1ステージで落車し、負傷したままレースを続けていたスペインのアルベルト・コンタドール(ティンコフ)が81km地点でリタイアした。彼は今朝、熱があったにもかかわらず出走していた。

ピレネー最終日はコンタドールだけでなく、マーク・レンショウ(ディメンションデータ)、マテュー・ラダニュース(FDJ)、セドリック・ピノー(FDJ)もレース途中で棄権。193選手が完走している。

ピレネー山岳ステージで締めくくったツール1週目が終わり、コンタドールがリタイアという波乱はあったものの、総合争いはマイヨ・ジョーヌのフルームに対し、総合10位でもタイム差が1分台という僅差の戦況になっている。
 
ステージ優勝したドゥムランのコメント「夢がかなった。クイーンステージで勝ててすごくうれしいよ。僕はTTスペシャリストだから捕まえるのは難しいと思うが、最後の坂でパワーは落ちていった。でも、誰も追って来なかった」

ツールは1週目を終え、7月11日は最初の休養日となる。休養日明けの12日は、アンドラ公国のエスカルデス・エンゴルダニをスタートし、標高2408メートルでカテゴリー1のエンバリーラ峠を越えてフランスに戻り、ルベルにゴールする197kmの第10ステージが行われる。

■第9ステージ結果[7月10日/ビエラ・バル・ダラン(スペイン)~アンドラ・アルカリス(アンドラ)/184.5km]
1 トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン/オランダ)5時間16分24秒
2 ルイ・コスタ(ランプレ・メリダ/ポルトガル)+38秒
3 ラファウ・マイカ(ティンコフ/ポーランド)+38秒
4 ダニエル・ナバロ(コフィディス/スペイン)+1分39秒
5 ウイネル・アナコナ(モビスター/コロンビア)+1分57秒
6 ティボー・ピノ(FDJ/フランス)+2分30秒
7 ジョーシ・ベネット(ロトNL・ユンボ/ニュージーランド)+2分48秒
8 ディエゴ・ローザ(アスタナ/イタリア)+2分52秒
9 マティアス・フランク(IAM/スイス)+3分44秒
10 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+6分35秒
11 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+6分35秒
12 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+6分35秒
13 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+6分37秒
14 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+6分37秒
17 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+6分56秒
18 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+6分56秒
21 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+7分13秒
23 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+7分17秒
26 ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ/イタリア)+7分35秒
27 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+7分35秒
111 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+31分48秒

■第9ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)44時間36分03秒
2 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+16秒
3 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+19秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+23秒
5 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+37秒
6 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+44秒
7 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+44秒
8 セルヒオ・エナオ(スカイ/コロンビア)+44秒
9 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+55秒
10 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+1分01秒
11 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+1分01秒
13 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+1分23秒
14 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+2分10秒
120 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+1時間37分40秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):ティボー・ピノ(FDJ/フランス)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞(赤ゼッケン):トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン/オランダ)

最終更新:7/11(月) 8:23

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円