ここから本文です

120分の死闘を制しポルトガルがEURO初V! フランスを破り史上10カ国目の王者に輝く

Football ZONE web 7/11(月) 6:34配信

延長後半4分、途中出場のFWエデルが値千金のミドル弾突き刺す

 欧州ナンバーワンの座は初優勝のポルトガルに輝いた。欧州選手権(EURO)決勝が現地時間11日に行われ、ホスト国フランスと対戦したポルトガルは前半のうちにエースFWクリスティアーノ・ロナウドが負傷交代するアクシデントがあったものの、0-0で迎えた延長後半4分に途中出場のFWエデルが強烈なミドルシュートを決めた。これが決勝弾となり1-0で勝利。初のメジャータイトル獲得を成し遂げた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ポルトガルは左足負傷で準決勝を欠場したDFペペ、出場停止だったMFウィリアム・カルバーリョがスタメン復帰。フランスは準々決勝アイスランド戦から3戦連続同じスタメンを採用。FWアントワーヌ・グリーズマンがトップ下に入る4-2-3-1システムで運命のキックオフを迎えた。

 この日のファーストシュートはポルトガルだった。前半4分に最終ラインからのフィードに反応して、相手DFライン裏に走り込んだFWナニがシュートを放ったがクロスバーを越えた。序盤に主導権を握ったのはフランスで、同9分にFWオリビエ・ジルーのクロスからグリーズマンがヘディングで合わせると、ボールは放物線を描いてポルトガルのゴールに向かったがGKルイ・パトリシオがなんとかはじき出した。

 同16分、ポルトガルに大アクシデントが発生する。立ち上がりにフランスMFディミトリ・パイェとの接触で左ひざを痛めたFWクリスティアーノ・ロナウドが、涙を流してピッチに座り込む。ロナウドは左足にテーピングを巻いてピッチへと戻ったものの痛みをこらえ切れず、カウンターの局面でも足を引きずって走れない状態になった。同25分に自らベンチに交代を要求する合図を送り、悔しさからかキャプテンマークを投げ捨てて担架で運び出される無念の交代となった。

 決勝戦の主役候補を失ったピッチは両チームともにやや混乱した感も見られた。フランスが主導権を握ったもののポルトガルもシステムを4-1-4-1に変更して対応。スコアは動かずに0-0でハーフタイムを迎えた。

1/2ページ

最終更新:7/11(月) 7:32

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。