ここから本文です

ケイト・モス、シャンパンがもらえないからファッションショーにはもう行かない!?

VOGUE JAPAN 7/11(月) 23:00配信

ケイト・モス(42)はシャンパンがもらえないためファッションショーに行かないのだという。スーパーモデルのケイトは今でも撮影を楽しんでいるものの、ファッションショーがキャリア初期とは大きく変わったと感じているそうだ。「撮影するときは今でも楽しいわ。でもファッションショーはやらないの。だって前回ファッションショーに行った時、シャンパンを一杯お願いしたのになかったのよ! 今の世界は全く違うわ。モデルの女の子たちはちゃんと起きて朝6時には泳ぎに行くんだもの」と語る。

ケイト・モスの関連フォトギャラリー。

若干15歳でモデルの世界に入ったケイトは、長年の成功と変わらぬ人気にも関わらず、特に大きな希望を持ったことはないそうで、仕事がもらえなかった時でも落ち込むことはなかったとグローブ・アンド・メールに明かしている。「私は地元クロイドンにいないだけでラッキーだと感じていたんだと思うわ。だから何が起こっても、何も失ったわけではなかったの。仕事がなくなったとしても楽しんでるし、何かしらやっているし、世界を目にしているってだけで満足だったのよ。私はすごく意欲的ってわけでもなかったけど、とにかく自分でできるだけのことをしたいとは思っていたの。だから仕事や仕事を取ることに怠慢だったことはないわ。ただもし仕事がもらえなくても気にしなかったの。いつもその時を楽しんでいたのよ」

元恋人との間に13歳の娘ライラを持つケイトだが、今でも仕事の話が来ることに驚くそうで、「毎シーズン私は『次の仕事が入って来るかなんて分からないわ』って思っているわ。でも長く続いているの。だから私に連絡が来ると、『ワオ、私ってまだいけるのね!』って思っちゃうわ。いつも『ええ!また仕事がもらえたわ!』って気分なの。だから今でも仕事をしていることにとても幸せよ」と40代モデルとしての心境を語った。

Text by Bangshowbiz

最終更新:7/11(月) 23:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。