ここから本文です

ミランの元暫定監督が解任に恨み節「彼らは私を信頼しなかった」

フットボールチャンネル 7/11(月) 7:40配信

 昨季ミランで暫定監督を務めたクリスティアン・ブロッキ監督はフロントが自身を信頼しなかったことを嘆いている。10日、イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』が報じた。

 ブロッキ監督は昨季途中よりミランの暫定監督に就任。しかし、チーム状況を好転させることはできずに順位を一つ落とし、ヨーロッパリーグ出場権を失った。また、コッパ・イタリア決勝ではユベントスに敗れチームは無冠に終わっている。

 今季よりセリエBのブレシア指揮官に就任することが決まったブロッキ監督。ミラン時代については「ミランには感謝している。しかし、私は信頼を感じることはできなかった」と不満を述べた。

 ブロッキ監督についてはシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長は続投を望んだものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが新監督の招聘を希望しヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任した形だ。ブロッキ監督はガッリアーニCEOについて「全員に好かれることはできないよ」と語っている。

 三年連続UEFA大会出場を逃しているミラン。モンテッラ新監督の手腕に注目が集まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/11(月) 7:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。