ここから本文です

「警備員のパレードのよう」 仏代表エースがC・ロナウド失い徹底守備のポルトガルに皮肉

Football ZONE web 7/11(月) 9:02配信

大会得点王のグリーズマン 後半21分には決勝弾のチャンスを惜しくも外す

 フランス代表のエースFWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)は、延長戦の末にポルトガルに0-1で敗れた欧州選手権(EURO)決勝後に、ポルトガル代表の徹頭徹尾の堅守ぶりを「警備員のパレード」と皮肉交じりに振り返っている。5月のUEFAチャンピオンズリーグ決勝でも、レアル・マドリードにPK戦の末に敗れていた傷心のエースだが、「フランスの夕暮れではない」と奮起を誓っている。フランス紙「レキップ」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

「僕らにチャンスはあったんだ。ポルトガルは警備員がパレードをしているように守備を固めてきて、そんなにチャンスはなかったはずだけど、うまく試合を運んだのだろう。彼らが試合が終わる10分前にゴールしたことで、僕らには厄介な状況になってしまったよ」

 ポルトガルは前半16分過ぎにエースFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が負傷。結局、同25分に交代を余儀なくされた。スーパースターを失ったポルトガルが守りを固めるのは自然の展開だった。

 こじ開けようとする展開が続いたフランスは、準決勝から中2日の日程も影響したのか、ドイツ戦で見せたようなダイナミックさに欠けた。トップ下で出場したグリーズマンも、ボールをもらいに下がっても、裏に抜け出そうとしても、常に相手のマークから監視された。

 そんなグリーズマンにも、ヒーローになる大きなチャンスはあった。後半21分、左サイドからFWキングスレー・コマン(ユベントス)が右足でクロスを上げると、走り込んだグリーズマンはマークを外してフリーに。決定的なチャンスにグリーズマンはファーサイドに流し込むようなヘディングシュートを選択したが、ボールは無情にもクロスバーのわずか上に外れていった。今大会で、母国の英雄ミシェル・プラティニが1984年大会でマークして以来の1大会での6得点を挙げて大会得点王も獲得したが、決勝戦の1点だけが遠かった。

1/2ページ

最終更新:7/11(月) 9:02

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。