ここから本文です

ミラン、“新10番”獲得失敗で本田残留へ? 新星FWはユーベ移籍を希望

フットボールチャンネル 7/11(月) 8:10配信

 ミランは“新10番”と噂されていたクロアチア代表FWマルコ・ピアツァ獲得に失敗したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』が報じている。

 ピアツァは今夏ミランの目玉補強とみられていたが、選手はミランとユベントスの二択の選択でユベントスを希望したようだ。これにより、ユベントスがピアツァの所属クラブであるディナモ・ザグレブと破談に終わらない限りミランの獲得の可能性は潰えた。

 ミランはピアツァに対して背番号10番を提示しており、現10番の本田圭佑は背番号の変更もしくは退団が噂されていた。ピアツァ獲得競争に敗れたことで本田の去就に影響する可能性もありそうだ。

 中国資本によるクラブ買収が迫っているミランだが、昨季加入したカルロス・バッカが放出に向かっているなど積極補強の知らせは届いていない。ピアツァ獲得に失敗した今、次なる補強ターゲットは誰になるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/11(月) 9:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。