ここから本文です

GLIM SPANKY、映画『ONE PIECE FILM GOLD』コラボMV公開 ライブでは新曲初披露も

リアルサウンド 7/11(月) 13:56配信

 GLIM SPANKYが、映画『ONE PIECE FILM GOLD』と主題歌「怒りをくれよ」とのコラボMVを公開。あわせて、7月27日に発売される劇場版『ONE PIECE FILM GOLD』オリジナル・サウンドトラックの詳細、ジャケット写真を公開した。

 オリジナル・サウンドトラックには、劇中にて歌姫カリーナ役として声優参加している女優の満島ひかりとギルド・テゾーロ役の山路和弘が歌唱する「GOLD & JIVE~SILVER OCEAN」の収録も決定しており、7月20日にはiTunesにて先行配信とオリジナル・サウンドトラック バンドル盤のプレオーダーもスタート。サウンドトラックには、映画の主題歌となっているGLIM SPANKYの新曲「怒りをくれよ」も1コーラス収録される。

 GLIM SPANKYは、7月9日に東京キネマ倶楽部にてワンマン・ライブ『Velvet Theater 2016』を開催し、10月8日公開の映画『少女』の主題歌である新曲「闇に目を凝らせば」のライブ初披露も行った。当日のライブ模様はAbemaTVでも生中継され、73000人が視聴した。ライブ終演後、GLIM SPANKYの松尾レミ、亀本寛貴、ライブを鑑賞していたいとうせいこうがコメントを残している。「闇に目を凝らせば」は、7月20日発売のセカンド・アルバム『Next One』に収録される。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/11(月) 13:56

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。