ここから本文です

不発の悪童バロテッリに衝撃の中国移籍が浮上! 獲得失敗のクロトーネ会長が暴露

Football ZONE web 7/11(月) 15:53配信

ヴレンナ会長が伊紙に交渉決裂の事実を語る

 2シーズン連続で衝撃の不発が続いた元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに、中国行きの可能性が高まっている。獲得を熱望していた来季セリエAに昇格するクロトーネのラファエレ・ヴレンナ会長が、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューに暴露している。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

「もはやバロテッリがクロトーネに来て、我々のユニホームを着る可能性はないんだ」

 ヴレンナ会長は所属先が不透明なバロテッリの獲得に手を挙げていた。「我々のところに来れば復活できるはずだ」とラブコールを送り、“悪童”の獲得を熱望。一昨季にリバプール、昨季にACミランでそれぞれリーグ戦1得点と完全なる不発弾と化した男のポテンシャルを信じ、セリエA昇格を果たしたチームの目玉補強にしたいと考えていたようだ。しかし、バロテッリがクロトーネに加入する可能性はすでに消滅したという。

 そして、今季のバロテッリの所属先について衝撃的な暴露をしている。

「恐らく彼は、中国にプレーしに行く」

「恐らくだが、彼は中国にプレーしに行くことになる。今でも、彼が我々のところに来ればトッププレイヤーに戻れるとは思っているんだがね」

 交渉が決裂したバロテッリの来季のプレー先が中国になると暴露してしまった。さすがに具体的なチーム名までは語らなかったものの、保有権を持つリバプールは相場の3倍の金額で選手たちを次々に“爆買い”していく中国のクラブに売却先を定めているという。

 昨夏には相次ぐ中東チームからのオファーに「ノー」と言い続けたバロテッリだが、懇願の末に残留を果たしたヨーロッパでは完全なる不発に終わった。ついに、そのプレー先をアジアに求めることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/11(月) 15:53

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。