ここから本文です

“交渉人“C・ロナウドが決勝前にポルトガル連盟と協議  全選手が優勝ボーナス3300万円ゲット!

Football ZONE web 7/11(月) 16:51配信

主将としてチームメイトの奮闘に応える大仕事

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、欧州選手権決勝のフランス戦で接触プレーにより左ひざを負傷。前半25分に号泣しながら交代となったが、その後は同僚への激励やテクニカルエリアに飛び出してのコーチングで、影の監督として1-0勝利に貢献した。同国をメジャートーナメント初優勝に導いたが、試合前には交渉人として大仕事を果たしていたようだ。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ポルトガル地元紙「ア・ボーラ」によると、ポルトガル代表のキャプテンでもあるロナウドは、ポルトガルサッカー連盟と優勝ボーナスについて協議を持ったという。選手23人全員が税引き後で30万ユーロ(約3300万円)の優勝ボーナスを手にすることになったという。

 深刻な経済状況のポルトガルの連盟にとって、優勝賞金800万ユーロ(約9億円)は貴重な各年代強化の財源となるが、それでもロナウドは仲間の奮闘を讃えるために優勝ボーナスを引き出すことに成功したという。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/11(月) 16:51

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。