ここから本文です

ポルトガル、C・ロナウド負傷交代乗り越え悲願のEURO初制覇。ついに手にした成功体験

フットボールチャンネル 7/11(月) 11:10配信

 EURO2016決勝、延長の末フランスを破ったポルトガル。ルイ・コスタ、フィーゴら“黄金世代”も手が届かなかったメジャータイトルをようやく手にした。優勝候補どまりだった人材の宝庫は、この優勝を機に強者としての歴史を歩み始めるのだろうか。(文:青木務)

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

C・ロナウド負傷も動じなかったポルトガル

 フランスのファンでもなく、ポルトガルのファンでもない中立な目で試合を観る者からすれば、前半10分足らずで試合は“一度終わった”といえるだろう。

 アントワーヌ・グリーズマンとクリスティアーノ・ロナウド。EURO2016ファイナルを彩るはずのクラッキのうち、ポルトガルの大エースが開始早々に負傷。テーピングを何重にも巻き、ピッチに戻る。代表レベルでのタイトルを何としてでも獲得したいという熱意は感動的ですらあったが、全力疾走もままならず、競り合いでジャンプするたびに顔が歪む。ヨーロッパチャンピオンを決めるハイレベルな一戦に、手負いのアタッカーの居場所はなく、最後は自ら交代のサインをベンチに送った。

 1975年以来、ポルトガルはフランスに41年間勝てておらず、10連敗中だった。背番号7の怪我で負の歴史は繰り返されることになるのか。だが、エースの交代に浮き足立つことなく、ポルトガルは統率の取れた戦いを見せることになる。

 ロナウドが退いたことでポルトガルの面々は団結力を強めたのか、一人ひとりが「あと一歩」の粘りを見せ、ポジショニングも瞬時に修正しながらスペースを埋める。

 レ・ブルーは攻めあぐね、シソコがダイナミックな突破から活路を見出そうとするも、ポルトガルのGKルイ・パトリシオが立ちはだかる。頼みのグリーズマンも惜しいヘディングシュートを放ったが、チャンスを活かせない。ここまで6得点を奪い、チームを牽引してきた決定力が鳴りを潜めた。決勝戦のプレッシャーが少なからず感覚を狂わせていたのかもしれない。後半アディショナルタイムには、途中出場のジニャックのシュートがポストに嫌われた。

1/2ページ

最終更新:7/11(月) 11:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。