ここから本文です

イブラ、マンUでは“王子”に!? カントナ氏が歓迎「ここには王は1人しかいない」

フットボールチャンネル 7/11(月) 14:25配信

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドの1人であるエリック・カントナ氏が、今季に加入したFWズラタン・イブラヒモビッチを歓迎した。10日に英メディア『ユーロスポーツ』が報じている。

 “キング”の愛称で親しまれているカントナ氏は、1992年から1997年までユナイテッドに在籍した。その間にFAカップとの2度の2冠を含め4度のリーグ優勝を経験している。

 そのカントナ氏は、「ズラタンに個人的なメッセージを伝えたいんだ。君は“赤い悪魔
”(ユナイテッドの愛称)へ加入することを決めたが、それは君にできたベストチョイスだ」とイブラヒモビッチへ歓迎の挨拶をした。

「君がシアター・オブ・ドリームズ(オールド・トラッフォードの愛称)を歩けば、ストレトフォード・エンド(ウェスト・スタンド)の前でゴールを決めれば、スタンドから君の名前が叫ばれているのを聞けば、君の心臓が飛び出すほど強く鼓動すれば、彼らが君を愛する以上に彼らを愛す感情に駆られれば、きっとかつてそこにいたレジェンドたちの霊を肌で感じることだろう。友よ、その時になってようやくここが君のマイホームとなったことに気付くはずだ」

 そして、ユナイテッド伝統の7番を付けて活躍していたカントナ氏は、「ズラタン、最後に1つだけ言っておく。マンチェスターの王には1人しかなれないんだ」と告げると、「君がもし望むなら王子になれるかもしれない。もし興味があれば7番は君の物だ。これが私からの歓迎の挨拶だよ。王はもういない。王子の時代が長く続くことを祈る」と加入を歓迎している。

「王のように来て、レジェンドのように去る」と残してパリ・サンジェルマンを退団したイブラヒモビッチ。しかし、ユナイテッドではまず“王子”としてキャリアを始めることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/11(月) 19:11

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。