ここから本文です

清武、ポジション争いが激化。アルゼンチン新星に続きベルギー新星も加入か

フットボールチャンネル 7/11(月) 20:00配信

 今季にセビージャに加入した日本代表MF清武弘嗣は、激しいポジション争いを強いられそうだ。10日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が伝えている。

 アルゼンチン出身のホルヘ・サンパオリ監督就任が決まっているセビージャは同日、サンプドリアからMFホアキン・コレアを獲得したことを発表した。同選手は来月から行われるリオデジャネイロ五輪に挑むアルゼンチン代表18名にも選出されている。

 21歳のコレアはトップ下を主戦場にしており、左ウィングでも左サイドハーフでもプレーできる選手だ。昨季にはサンプドリアで10番を付けてプレーし、25試合に出場して3得点を決めている。移籍金は1300万ユーロ(約14億円)とみられており、翌日にメディカルチェックを受けることになっているようだ。

 さらにクラブは、日本代表DF長友佑都が所属するインテルへフリー移籍をしたエベル・バネガの後継者として、ベルギーリーグ1部のアンデルレヒトで10番を付けるMFデニス・プラートを迎えるとみられている。2011年にトップチームでデビューを果たした同選手は、22歳の若さですでに公式戦で180試合に出場。欧州中から注目を浴びている将来有望な選手の1人だ。

 そしてもう1人バネガの候補者として考えられているのが、先日噂されたセリエAのパレルモに所属するMFフランコ・バスケスだ。同選手は今夏の移籍が確実視されており、本人自身もセビージャへ入団する可能性をすでに明かしている。

 新天地での冒険に期待を膨らませる清武。しかしそこでは激しいポジション争いが待ち受けているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/11(月) 20:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。