ここから本文です

Cロナと共に…ぺぺ、エース負傷も「彼のために勝たなければならなかった」

フットボールチャンネル 7/11(月) 22:00配信

 EURO2016を制したポルトガル代表は、エースの負傷によってチームが一つになった。クリスティアーノ・ロナウドと長くともにプレーしてきたDFペペが明かしている。英『フォー・フォー・ツー』などが伝えた。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ポルトガルのキャプテンであり絶対的エースでもあったC・ロナウドだが、前半途中にフランス代表MFディミトリ・パイェのタックルを受けて左ひざを負傷。プレー続行不可能となりリカルド・クアレスマとの交代を余儀なくされた。

 その時の状況をペペは「チームの中心を失ったのは非常に厳しかった。どんな時でもゴールを決められる彼は僕らの希望のすべてだった」と振り返る。実際にポルトガルの攻撃を一手に担っていたC・ロナウドの交代がフランス有利に働くかと思われた。

 だが、最後に勝ったのはポルトガルだった。エースがピッチを去った時、ペペは「チームメイトたちに彼のために勝たねばならないと伝えようとした」という。百戦錬磨のベテランDFはチームを決勝まで導いてくれたC・ロナウドに報いることを促し、これが選手達の士気に火をつけた。

「僕らはポルトガルサッカーの歴史という本にこの上なく素晴らしい1ページを刻んだんだ」

 ブラジル出身ながらポルトガル代表を選択したペペは、「僕らの血を誇りに思う」と述べ悲願の欧州初制覇を喜んだ。EURO優勝はC・ロナウドという1人のスーパースターを中心に団結したチーム全員の力がもたらした必然だったのかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/11(月) 23:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。