ここから本文です

中高年スタートアップは成功率が高い? ステキな「人生二毛作」モデル

Forbes JAPAN 7/11(月) 17:00配信

千葉の商人だった伊能忠敬が暦学・天文学に没頭するため、隠居したのは49歳。残りの半生で天体観測、地図測量において大きな実績を残した。約200年後の日本。人生のセカンドステージでの起業は新たな価値モデルになり得る?

【写真】80代のおばあちゃん相談に訪れた「スタートアップカフェ」

「スタートアップ」「起業」「新規事業開発」といった言葉からどんな人物像をイメージするだろう。20代から30代前半くらいのエネルギッシュな若者、という方が多いのではないか。かく言う私はすでにその年代を過ぎているが、私より年配の方々にとってもスタートアップは無縁なものというわけではない。

福岡市に起業を志す人を支援する、その名も「スタートアップカフェ」がある。社会人、学生、主婦、誰でも無料でコンシェルジュに起業相談ができる。ここに足繁く通っているのが、82歳になる「松尾のおばあちゃん」。もともと物作りが趣味だった彼女は80歳を目前に下駄の鼻緒作りを始め、せっかくなので年配の人だけでなく若い人にも買ってほしい、と強く思うようになる。そんな頃新聞でこのカフェの存在を知り、ひとりで相談にやってきたのだ。彼女がつくる洒落た鼻緒はTSUTAYA BOOK STORE TENJINに置かれ、夏場に好調な売れ行きを見せた。スタートアップおばあちゃんは、店頭に並んだ自分の商品を見て、とても感動したという。

新しいことを始めたい気持ちに年齢制限はない。そのことを教えてくれる大スターといえば「伊能忠敬」だ(最新情報が満載の雑誌の中、ネタが古くて申し訳ない)。ご存じの方も多いと思うが、千葉の商人だった伊能は、江戸時代もっともホットだった暦学・天文学に没頭するため、49歳で隠居。50歳にして江戸に出て19歳年下の学者に弟子入り。最初は面倒がられたようだが、圧倒的な熱意でまわりを認めさせ、さらには莫大な財力で自宅を天文台に改造、天体観測で大きな功績を残す。その後55歳から72歳まで、17年間かけて全国を歩いて測量し、日本で初めて正確な地図を作り上げた。人生50年と言われた時代に50歳で新しいスタートを切った伊能忠敬だが、じつは当初彼がやりたかったことは地球の大きさを測ることで、地図の作成はついでだったとか。地球の大きさを知りたい!その一心で私財を投げ打ち(一説によると10億円以上)、日本中を歩きまわった(その距離4万km)。

商人として成功をおさめた人生第1ステージと、日本地図作成に奔走した第2ステージ。ただひとつのことに捧げる人生も美しいが、伊能忠敬のような「人生二毛作」もまた素敵だ。江戸時代と違い今は人生80年。高齢者の体力も年々上がっている。第2ステージをアグレッシブに活動するイノウな人々はさらに増えるだろう(ちなみに海外では意外にスタートアップのファウンダーは年長者が多いという調査結果があり、50歳以上が成功する確率は25歳以下の2倍だとか)。一例を挙げる。

1/2ページ

最終更新:7/11(月) 17:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。