ここから本文です

ポケモンGOが米国で大ヒット ツイッターに匹敵する利用者数

Forbes JAPAN 7/11(月) 11:30配信

7月7日、米国で正式公開された「ポケモンGO」の人気が急上昇中だ。ポケモンGOは任天堂と「INGRESS」のNiantic社がタッグを組んだ位置情報ゲーム。位置情報を使うことで、現実世界でポケモンを捕まえたりバトルすることができる。



米国各地でユーザーが急増し、ゲーム上で新たな仲間に出会ったり、アイテムやモンスターボールが手に入る「ポケストップ」をローカルビジネスに活用する動きも活性化。ポケストップが設置された教会に、ユーザーが殺到する現象も起きている。

6日夜に米国のiOS及びアンドロイド向けアプリストアで公開されたポケモンGOは、わずか5時間でチャートの1位に浮上。これは今年最大のヒットとされるモバイルゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」の3分の1以下の時間だった。

ユーザー数はツイッターに匹敵

その後もその勢いは衰えず、SimilarWebのデータによると7月10日時点で、ポケモンGOのデイリーアクティブユーザー数はツイッターに匹敵する状態となっている。

ポケモンGOは現在、米国、ニュージーランド、オーストラリア限定で公開中。開発元のNiantic Labsは予想外のアクセス集中により、グローバル公開を一時見合わせている状況だ。

既に米国内の全アンドロイド端末の5.6%にポケモンGOがインストールされており、この数字は出合い系アプリのTinderを突破している。また、ユーザーのアプリ平均利用時間はスナップチャットの2倍に及んでいる。Googleプレイストアのランキングではフェイスブックやスナップチャット、インスタグラムといった有名アプリを圧倒し、ポケモンGO が首位を独走している状態だ。

グローバル展開がまだとは言え、少なくとも米国に関しては懐かしのポケモンが熱狂的フィーバーをもって迎えられたことは確かだ。筆者のフェイスブックのフィードはポケモンGOに関する投稿であふれており、街のあちこちで同じゲームを楽しむユーザーらに出会う。単なるモバイルゲームの枠を超えた社会的ムーブメントに発展しつつあるポケモンGOから、しばらく目が離せそうにない。

Jason Evangelho

最終更新:7/11(月) 11:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント