ここから本文です

【G大阪】2試合3発の強力セットプレー! 「宇佐美→遠藤」のキッカー交代で好転!?

SOCCER DIGEST Web 7/11(月) 8:00配信

キッカーを務める遠藤は「取れる時は、取れる。取れない試合もたくさんある」と冷静。

 ここのところ、G大阪のセットプレーが脅威を増している。
 
 第2ステージ初戦の鹿島戦では3ゴール、2ゴールがセットプレーから生まれた。1-1で迎えた60分、遠藤保仁の右CKから今野泰幸が頭で合わせて逆転に成功。続く73分、今度は遠藤の左CKに金正也がヘディングシュートを叩き込み、3-1と勝利した。
 
 続く同ステージ2節の大宮戦でも、1ゴールが生まれている。14分、遠藤のFKに米倉恒貴が勢い良く飛び込んでヘディング。この一撃が先制弾となり、チームに勢いをもたらした。
 
 第2ステージに入り、2試合で生まれた6ゴール中、実に3ゴールがセットプレーによるもの。第1ステージは7ゴールだっただけに、2試合で3ゴールはかなりのハイペースだ。今後の戦いにおいても、間違いなく武器になるだろう。
 
 なぜセットプレーからゴールが急増したのか。丹羽大輝は「これまで39番が蹴っていたので」と、キッカーの交代をひとつのポイントに挙げた。
 
 第1ステージでは宇佐美貴史がメインで担当しており、遠藤の蹴る場面は少なかった。今夏に宇佐美が移籍し、再び遠藤がキッカーとなってからゴールが増えたのは、決して偶然ではないだろう。
 
「(遠藤の)蹴る回数が単純に増えている。回数が増えることで、自ずと感覚的にも研ぎ澄まされているところはあると思う」
 
 もっとも、キッカーを務める遠藤は実に冷静だ。セットプレーからのゴール増加について問われても、「取れる時は、取れる。取れない試合もたくさんある」と至極真っ当な返答をしており、これまでとなんら変わらないといった風情だ。
 

「今、セットプレーは入る気しかしないし、匂いがだいぶする」(丹羽)

 誰がキッカーを務めるにせよ、G大阪にとって、セットプレーが武器のひとつである事実に変わりはない。2試合で3ゴールと“十八番”になりつつあり、そうした手応えは選手たちも感じているようだ。それは丹羽の強気な発言からも見て取れる。
 
「今、セットプレーは入る気しかしないし、匂いがだいぶする。もっともっと点を取りたい」
 
 一方、“取れる時は取れる。取れない時は取れない”というスタンスの遠藤も、セットプレーの重要性については力説する。
 
「セットプレーからたくさん点が取れれば、相手もファウルをしたくないという気持ちになるだろうし、こういう拮抗した試合では重要になる」
 
 次節はアウェーの大宮戦。果たして、3試合連続でセットプレーからゴールが生まれるか。遠藤のキックから目が離せない。
 
 
取材・文:大木 勇(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:7/11(月) 8:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。