ここから本文です

ベック、『モーニング・フェイズ』に続くニュー・アルバムについて語る

ローリングストーン日本版 7/11(月) 18:30配信

シンガー・ソングライターのベックが、2016年10月にリリース予定のポップで冒険的な最新アルバムについて語った。

ベックが語るボウイへの思い:「いつだって僕の目標だった」

ベックは、2014年のアルバム『モーニング・フェイズ』の成功に誰よりも驚いたという。同アルバムは、グラミー賞の年間最優秀アルバムに輝き、ベックにとって過去10年間で最も売れたアルバムとなった。「期待してなかったんだ」。こう話すベックは、自身のアルバムの多くが「一度聴いたら終わりのもの」と表現した。実は『モーニング・フェイズ』はというと、当時ベックが悪戦苦闘していた、より大掛かりなアルバム作りの合間の、短期間プロジェクトの予定だったのだ。「決まっていたツアーのために、何かリリースしておきかったんだ」

それから3年の年月をかけ、ベックはそのアルバムを完成させた。10月にリリース予定のタイトル未定のアルバムは、前作から思いがけない変化を遂げている。『モーニング・フェイズ』の美しいハーモニーとは打って変わり、迫力あるメロディ、ヒップホップなループ、そしてベックの90年代の作品にみられるポップなエネルギーが特徴的な作品になっている。

そのサウンドは、5年間のツアーからインスピレーションを得たとベックは話す。若い観客を前に、大規模な夏のフェスティバルでパフォーマンスしてきたベックは、2015年に一緒にツアーをまわった、ザ・ストロークスのようなバンドのエネルギーを吸収したという。「ある夏の夜だったんだけど、みんなが手を掲げていたんだ。お祝いの雰囲気をみんなが共有している感じ。僕は、そういうエネルギーとか喜びを、スタジオに持ち込みたかったんだ。それが僕を、ほんの少し目覚めさせたんだ」

アルバムを完成させるまでに、アルバム3枚分の楽曲を制作した

ベックは同アルバムに、『シー・チェンジ』のツアーにバックバンドとして参加した、マルチ・インストゥルメンタルプレイヤーのグレッグ・カースティンを迎えている。グレッグ・カースティンは、ベックのツアーに参加した後、シーア、アデル(『Hello』を共同作曲)といったアーティストのプロデュースを手掛けてきた。アルバム『オディレイ』のダスト・ブラザーズのように、グレッグ・カースティンはアップビートな『Seventh Heaven』、恋愛を歌った美しいナンバー、そしてトーキング・ヘッズのサウンドを思わせる速いテンポとヘヴィなビートのダンス曲『No Distractions』を誕生させた。60年代にサイケデリックなサウンドを轟かせた、ザ・クリエイションからインスピレーションを得たという、どもるようなビートとガレージロックのようなリフが特徴的なファースト・シングル『Dreams』は、完成までに12以上のバージョンが制作されたそうだ。「多くの曲の下地があったんだ。ある曲の一部が別の曲になったりとか、曲のコーラスがブリッジになったりとか」とベックは話す。「これは、僕の最初の数枚のアルバムの作り方に近いんだ」

スタジオで天才的な才能を発揮させるベックは、アルバムがそれが持つエネルギーに埋もれてしまうのではないかと思うことがあったようだ。スタジオセッションがツアーの間に行われたため、一貫性のあるサウンドを出すことを困難にした。ベックは、ニュー・アルバムを完成させるまでに、アルバム3枚分の楽曲を制作したという。「グラミー賞の後で、そのうちの半分はボツにして、もう一回始めたんだ。アルバムのアイデンティティを見つけるのに、時間がかかってしまった」

ニュー・アルバムは、子育てを楽しみツアーに対する新たな関心を持つ、ベックの充実した人生の新しいチャプターを捉えている。「人生を活気づけるものなんだ」。7月8日に46歳となった ベックは、こうライヴについて話した。「僕は、新たに言いたいことを持っていたいんだ。まだイメージを書いてる段階。『Where It’s At,』をやる僕たちに対して、君たちは"そう、それを求めていたんだ"っていう感じ。そして君は、また違うことをやる。それが1つのイメージになるんだ」

Translation by Miori Aien

Patrick Doyle

最終更新:7/11(月) 18:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュースからのお知らせ