ここから本文です

コールドプレイ、クリス・マーティン、プリンスのカヴァーを披露

ローリングストーン日本版 7/11(月) 16:00配信

クリス・マーティンとリアン・ラ・ハヴァスが、プリンスのアルバム『パレード』からの心揺さぶるバラード『スノウ・イン・エイプリル』をデュエット。

【動画あり】コールドプレイ、クリス・マーティン、プリンスのカヴァーを披露

コールドプレイは、7月6日コペンハーゲンのステージに英国のシンガー、リアン・ラ・ハヴァスを迎えて、プリンスの『スノウ・イン・エイプリル』の美しく落ち着いたカヴァーを披露した。

この演奏では、ラ・ハヴァスと、コールドプレイのフロントマン、クリス・マーティンの2人だけがフィーチャーされ、ラ・ハヴァスはシンプルで湧き上がるようなこの優しいバラードのギター・パートをつまびく。アレンジを最小限に抑え、入れ替わりでヴォーカルを務めながら、マーティンとラ・ハヴァスは少し長めの間とエモーショナルな力強さを『スノウ・イン・エイプリル』に染み込ませている。その美しさは、2人が声を合わせて胸を締め付ける歌詞の最後の一行を歌うところでピークに達する。

『スノウ・イン・エイプリル』は、プリンスの1986年のアルバム『パレード』に含まれていた曲で、4月のプリンスの死以来、ファンとミュージシャンの間ではスタンダードな一曲になっている。この曲は、最近さまざまな国のチャートにランクインしており、ゴティエがカヴァーしたり、マーヤ・ルドルフとグレッチェン・リーバラムと共にディアンジェロが『ザ・トゥナイト・ショー』で印象深い演奏を披露したりもしている。

JON BLISTEIN

最終更新:7/11(月) 16:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。