ここから本文です

256GB増!スマホの外付けストレージが話題

R25 7/12(火) 7:00配信

クラウドファンディング・サイトKickstarterに登場した、スマホ用の外付けストレージ「i.dime」が注目を集めている。

目標5万ドル(約505万円)、期限は7月17日という設定に対し、7月11日時点ですでに目標額1.5倍の約7万7700ドル (約783万円=7月11日時点、以下同)の資金を調達。その金額からも、ニーズが多いことがうかがえる。

“dime”は10セント硬貨の意味。「i.dime」は直径14mmと“硬貨サイズ”ながら、32 GB/64 GB/128 GB/256GBと4種類のストレージ容量が用意されている。使用方法は、i.dimeを装着できるようにする専用のiPhoneケースか、コネクタで接続する。専用マイクロUSBホルダーやUSBホルダーを使えばAndroidスマホやパソコンにデータ転送を行うことも可能。スマホケースはiPhone5、5c、SE、6、6 Plus、6s、6s Plusに対応する。

出荷は最短で今年11月を予定しており、価格は最も容量が小さい32GBモデルが48ドル。先行予約価格では、32GBモデル+ケースが58ドル(約5900円)、32GBモデル+ケース+エクストラバッテリーで87ドル(約8800円)となっている。ちなみに256GBモデルは269ドル(約2万7000円)。先行予約価格で、ケース付属が279ドル(約2万8000円)、ケース+エクストラバッテリー付属が308ドル(約3万1000円)。なお、国際発送OKなので、日本からも購入可能だ。

現在、iPhone 6sの16GBが7万8800円、128GBが10万1800円であり、その差額を考えると、258GBが手軽に3万円前後で追加できるというのは確かに魅力。Twitterには、

「これ絶対買う」

「素晴らしい

買わざるをえない」

「容量不足で困ったこと無いとは言え、これは有ったら便利かも。容量に対して低価格だし、デジイチのバックアップ機能も付いてたら絶対に買いだな♪」

などと注目する声が投稿されている。

なお、出荷前に新型iPhone(iPhone 7)がリリースされる可能性もあるが、その場合、交換対応してくれるとのこと。iPhoneを購入する際は容量選びに悩むものだが、これひとつあればとりあえず安心?

(花賀 太)

【関連リンク】

■The First Magnetic, Dime-Sized iPhone Storage Expansion‐Kickstarter

https://www.kickstarter.com/projects/1992588381/the-first-magnetic-dime-sized-iphone-storage-expan


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/12(火) 11:55

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

なぜ今? 首相主導の働き方改革