ここから本文です

むき出しでもおしゃれ「防災グッズ」最新型

東京ウォーカー 7/12(火) 20:01配信

あなたの家の防災グッズはどこに? 用意は万全でも、押入れや寝室の奥のほうなど取り出しにくい場所にしまっている人も多いだろう。見た目がよくないのでふだん目につくところには置きたくない、と思っているかもしれない。もしも目立つ場所に置いても気にならない見た目の防災グッズがあったら……。

【写真を見る】様々なデザインからお気に入りお選ぼう! 防災備蓄セット「bibo」

その思いに応えたのが「bibo(ビーボ)」だ。リビングに設置しても大丈夫なビジュアルにすることで、いざというときにすぐ持ち出せることを目的に開発されたという。

それだけに見た目のこだわりようは半端ない。木目調やデニム地のもの、コンテナをイメージした形など今風の計6種のデザインがあり、家庭のリビングに適したものを選ぶことができる。もちろん寝室や子ども部屋など、リビング以外にもフィットするようデザインされている。

中身も家族構成に合わせて選べるよう細かく設定されている。男女・子ども・乳幼児・高齢者など、各カテゴリーの人が災害時にとくに必要とするアイテムが収納されており、ピンポイントの備えをすることができる。年々必要なものが変わる子育て中の世代には、心強いヒントになるだろう。

インテリアを邪魔するどころか、ちょっとした演出にもなるおしゃれな防災グッズ。これまで防災グッズを手の届くところに常備していなかった人も、これを機に検討してみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/12(火) 20:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。