ここから本文です

冷凍作りおきで失敗ナシ「いろいろ野菜のホイコーロー」を【作ってみた】

東京ウォーカー 7/12(火) 21:00配信

流行の「作りおき」に冷凍テクをかけ合わせれば、保存期間も長くなって夏向きの「時短メニュー」に。時間のないときでもさっと作れて、手軽に野菜をたっぷり食べられる「いろいろ野菜のホイコーロー」を【作ってみた】ら、意外と奥が深かった。お手本イメージはコレ。(写真1)

【写真を見る】「自家製冷凍野菜炒めミックス」。ざく切りキャベツ、一口大ピーマン、根を切ったもやしを混ぜて冷凍

■下ごしらえ

事前に作っておきたいのは「冷凍野菜炒めミックス」。これはキャベツ、ピーマン、もやしを混ぜ合わせて冷凍したもので、約1カ月保存可能。時間のあるときに用意しておいた。

それ以外の材料は、豚肉、しょうがのせん切りと合わせ調味料。合わせ調味料は、料理好きな6歳の娘が作ってくれたよ。(写真2)

■調理

フライパンに凍ったままの「野菜炒めミックス」を入れて炒める。油が回ったら「いったんざるにあけ汁けをきれ」とレシピの指示。野菜はまだ凍った部分もあり、おっかなびっくりざるに……。娘も「まだ凍ってるのにいいの?」とちょっと心配そうだが、しばらくすると出た水分がボウルにたまって再びっくり。シャキシャキ感を出すためのテクなのだそうだ。へぇーー!

フライパンをきれいにして豚肉としょうがを炒めたら、ほどよくしんなりした「野菜炒めミックス」を戻し入れ、合わせ調味料を加えて完成。野菜を炒める時間がとても短く、合わせ調味料を入れ混ぜ合わせたらすぐに完成なので、あっという間に出来上がった感じ♪(写真3)

■作ってみて

「野菜炒めミックス」を炒める時間がとても短かったのと、ざるに一度上げることに驚いた。そのおかげで水分がしっかり切れるので水っぽくないし、味はしっかりしていて「野菜のシャキシャキ食感がとてもおいしい」と家族からは大好評! みんなモリモリ、あっという間に完食。

■めちゃ簡単で時短

「野菜炒めミックス」は事前に用意したけれど、あとは6歳の娘がほぼ一人で作ったといえるくらい簡単だったので、忙しい日の夕飯にぴったり(火を使うのでもちろん親がばっちりサポート)。シャキシャキのおいしい野菜を、た~~っぷり食べたいときにオススメのメニュー、1コ見っけ♪

文=わんたる【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/12(火) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。