ここから本文です

「マンUが“幽霊”に138億円オファー」 EURO決勝で不発のポグバに伊紙が痛烈な皮肉

Football ZONE web 7/12(火) 7:30配信

EURO決勝で沈黙に終わったポグバへの、マンUのメガオファーを揶揄

 マンチェスター・ユナイテッドは今オフの移籍市場でも、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを獲得するなど“爆買い”王者ぶりを見せつけているが、イタリアメディアから欧州選手権(EURO)決勝戦での「幽霊」に、フットボール史上最高額の1億2300万ユーロ(約138億円)でオファーを出すと皮肉られている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 EURO決勝でフランス代表は、延長戦の末にポルトガル代表に0-1で敗れた。記事では「ポルトガルはCR7なしにフランスを倒した。ポグバはファンタズマ(幽霊)だった。しかし、モウリーニョは1億2300万ユーロのオファーを出す」とレポートされている。

 ポグバはポルトガル代表がFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)という絶対的エースを負傷交代で欠くなか、ファンタジスタならぬファンタズモ(幽霊)と酷評されるほどの不発ぶりで、頂上決戦で存在感を示すことができなかった。それでも、ジョゼ・モウリーニョ新監督が就任したユナイテッドはポグバ獲得に動き出すとレポートされている。

ゼロ円で放出し138億円で買い戻す?

 移籍金138億円はフットボール史上最高額。2009年から12年までマンチェスター・ユナイテッドに所属していたポグバだが、出場機会を手にできずに移籍金ゼロでユベントスに移籍。そこで才能を開花させていた。

 ゼロ円で手放した逸材を史上最高額で獲得しようとしているユナイテッド強化部のオペレーション能力には大きな疑問が残るが、「ユナイテッドはポグバ獲得に猛攻撃」と記事ではレポートされている。イタリアメディアは頂上決戦で存在感を見せられなかった幽霊へのメガオファーを、困惑気味に報じている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/12(火) 7:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。