ここから本文です

ケイト・ハドソンとマット・ベラミー、息子の誕生日を一緒にお祝い。

VOGUE JAPAN 7/12(火) 22:00配信

ケイト・ハドソンとマット・ベラミーが9日(現地時間)、息子ビンガム君の5歳の誕生日を一緒に祝ったようだ。元婚約者の2人はケイトと元夫クリス・ロビンソンとの息子ライダー君(12)も交えてロンドンで公演中の舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』を見に行ったようで、ポスターの前で撮った家族写真をマットが投稿し、ケイトもその写真をシェアしている。

ケイト・ハドソンの関連フォトギャラリー。

ケイトとマットは2010年に交際をスタートさせ、その1年後に婚約して2011年7月にビンガム君が誕生したが、2014年に婚約解消に至っていた。しかしその後も友人関係を維持しており、ケイトはその辛い破局の理由はお互いに人生に求めるものが異なったからだと説明していた。その4年間の関係に終わりを告げて間もなく行われたインタビューの中でケイトは「付き合いの終わりは辛いものだけど、それを引きずって行くかそのことで見直すかは自分次第なの。マットと私が最高の関係を築いていたなら今だって一緒にいるはずよ。でも私たちは希望する生き方について違った展望を持っていたからそれぞれの道を歩むことを選んだの。だからと言って子供たちのために最高な関係を立て直せないってことじゃないの」と話し、ビンガム君の生活に出来るだけ変化がないように2人で全力を尽くしていると語っていた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:7/12(火) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。