ここから本文です

フォトグラファーMaikoのロサンジェルスガイド【古本屋編】

エイ出版社 7/12(火) 17:10配信

今回は古本屋、The Last Book Storeをご紹介

ロサンジェルスに拠点を置く女流フォトグラファーMaikoが、ロサンジェルスでいま注目されているショップやエリアを紹介。小柄な身もなんのその、ファッションからフードまで、実際にMaikoが歩き回って仕入れた情報を続々更新する。

今回は古本屋、The Last Book Storeをご紹介。2005年にダウンタウンの小さなロフトからスタートした古本屋。20年近く、ネットで車や洋服などを販売してきたジョッシュ・スペンサー氏がオーナーを務める。すぐに評判となり、2011年には現在の大きなビルに移転した。

なんでもオンラインで手に入るこの時代。本に至っては持たなくてもスクリーン上で読めてしまうこの時代。The Last Book Storeという店の名前は、そんな現代に逆らって古本屋を続けていくことに、皮肉を込めてつけた名前だという。

こだわりの光るアートな店内ディスプレイ

そしてインテリアにもこだわりが。2階にはアーチ型に積まれた古本、丸いのぞき穴がある本棚などもあり、アートとしても楽しめる。

10万冊の本、さらにレコードの掘り出し物も

階には10万冊以上もの本があり、全て1ドルで販売している。本だけでなく、レコードの掘り出し物にも出会える、まさに宝庫だ。

ぜひ一度、足を運んでみてほしい。

○The Last Book Store
453 S Spring St, Los Angeles, CA 90013
http://lastbookstorela.com

●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)


(CLUTCH編集部)

最終更新:7/12(火) 17:10

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。