ここから本文です

【人生相談】「泣いているよ」「うんちしているよ」と結局人任せ…育児を手伝わない夫にイライラ

ファンファン福岡 7/12(火) 17:26配信

今回寄せられたお悩みは「育児を手伝わない夫への苛立ち」。お悩みのプロ、松井美由紀さんが答えます!

Q.育児を手伝わない夫にイライラ

待望の長男が生まれました。

喜びもつかの間、家事や育児に追われて多忙な日々を送っています。

それなのに夫は出産前と変わらず飲んで帰宅が遅くなることもしばしば。

子どもはかわいがるけれど「泣いているよ」「うんちしているよ」と結局人任せ。友人の夫のイクメンぶりを聞くたびに「なんでうちの夫は」とイライラします。

A.素直にシンプルに伝えてみて

今は一番大変な時期ですよね。

眠れない、自分の時間はない、体力はいる、家事もある。初めてのお子さんだとわからないことばかりで切羽詰まるものです。

私も毎晩帰宅が遅い夫に、仕事なら我慢できても飲み会が許せず、爆発したことがありました。

イライラには必ず「こうしてほしい」という期待や願いがあるものです。

まずは根底にある期待・願望に自分で気づいてあげましょう。そして、それを素直に伝えてみましょう。「これを手伝ってほしい」「不安だから協力して」「労って」と。

察してほしいと望みがちですが、伝えなければ相手はわかりません。イクメンもいれば、鈍感な男性も、手伝い方がわからない男性もいます。

非難するのでなく、シンプルに明るく頼めば応えてくれる可能性は高いものです。NOの時は、協力可能範囲を聞いて調整する。自分を助けていきましょう。

Profile 松井美由紀

ココリセセラピー代表。ママ向け心理講座も開催する心理カウンセラー。北九州・福岡の教育関連での講演活動も多数行っている。

ファンファン福岡

最終更新:7/12(火) 18:21

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。