ここから本文です

滝沢秀明、濃密ラブシーンで一皮剥けるか? 今夜初放送『せいせいするほど、愛してる』への期待

リアルサウンド 7/12(火) 6:10配信

 滝沢秀明がTBSにて7年ぶりに主演を務めるドラマ『せいせいするほど、愛してる』が、いよいよ本日7月12日夜10時よりスタートする。ヒロイン役の武井咲とは初共演で、キスシーンがあることも大きな話題のひとつだ。滝沢が演じるのは、ティファニージャパンの副社長・三好海里。高級スーツをスマートに着こなしてグッと大人っぽさを増したその佇まいに、つい目を奪われてしまった女性ファンも多いのではないか。

 本作の放送に合わせて、滝沢の地上波露出も急増している。8日放送の『ぴったんこカン カン』(TBS系)では、武井咲とともに「石塚グルメ」コーナーに出演して路地裏グルメを堪能したほか、同日放送の『A-Studio』(TBS系)では、1999年放送の『魔女の条件』(TBS系)で披露した松嶋菜々子とのキスシーンについて「初めては衝撃でしたね。『これかー』って感じで。緊張しましたね」と振り返った。翌9日放送の『王様のブランチ』(TBS系)には再び武井咲と生出演してドラマをアピール、さらに同日放送の『新チューボーですよ!』ではキムチチャーハンを作る側ら、ジャニー喜多川氏の誕生日会のエピソードとしてほかのジャニーズメンバーとの交流について明かすなど、サービストークを繰り広げた。14日放送の『櫻井・有吉THE夜会』では、かねてより噂されていた嵐・櫻井翔との“不仲説”にも言及することも明かされている。

 ここ数日の滝沢のテレビ出演を見ていると、かなり“ぶっちゃけた”トークを展開している印象を受ける。自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『タッキーの滝沢電波城』(ニッポン放送)では、以前から本音に近いトークを繰り広げていたが、同番組は基本的にひとり語りであり、ゲストを呼んでもジャニーズのメンバーであることがほとんどだった。自他共に認める人見知りである滝沢にとっては、ラジオはもっとも本音を語れる場所なのだろう。実際、最近の放送では、今回のドラマの撮影現場であまり武井咲とうまくコミュニケーションが取れていないことをネタにすることも多かった。武井から、滝沢の趣味であるDIYについて尋ねられた際は、そっけない返事をしてしまったそうで、そのことを自省することもあった。13歳でジャニーズ事務所に入所し、その世界の中で長らく生き抜いてきたからこそ、異性に対する接し方がわからない部分もあるのかもしれない。

 しかし、だからといって滝沢は、武井とのコミュニケーションを諦めているわけではない。同ラジオの7月2日放送回では、武井とのぎこちない関係について言及しつつも、「放送も始まってないですし、こっからですよ僕の見せどころは」と、距離を縮めようとしていることを明かしている。

 おそらく滝沢自身、今回のドラマ出演で自身の殻を破り、“一皮剥けた”大人の俳優になろうとしているのではないだろうか。10代でジャニーズJr.の黄金期を築き、その類まれなる美貌と繊細な演技で一世を風靡した滝沢だが、その印象は多くのファンにとって“キラキラの王子様”そのものだったはずだ。30代となったいま、滝沢はそのイメージを脱却すべき段階に来ているのは確かである。その意識が、バラエティ番組での立ち振る舞いにも表れているのだろう。これまでタブーとされてきたことに挑戦することが、いまの滝沢には必要なのだ。

 となると、やはり今回のドラマでは濃密なラブシーンに期待せざるを得ない。『せいせいするほど、愛してる』は、背徳感のある恋愛模様をエロティックかつ叙情的に描いてきた漫画家・北川みゆきの同名漫画が原作で、“不倫”をテーマにした大人のラブストーリーだ。公式サイトのスポット映像では、早くもベッドシーンを予感させる一コマも確認できる。家族団らんの場で鑑賞するには不適切な内容といえよう。

 今回のドラマで“大人でセクシーな滝沢”を存分にアピールすることができれば、ジャニーズファンのみならず、幅広い層ーー特に大人の女性たちから絶大な支持を得られるのは間違いないだろう。映画・ドラマ界では最近、綾野剛や池松壮亮、斎藤工といった色気のある俳優が人気を得ているが、30代となった滝沢もまた、彼らに勝るとも劣らない“セックスシンボル”となりえるはずだ。

松下博夫

最終更新:7/12(火) 6:10

リアルサウンド