ここから本文です

スーパーでいつもより「速く楽に安く」買い物をするコツ

ライフハッカー[日本版] 7/12(火) 21:10配信

誰にでも、自分の買い物の仕方というのがあります。しかし、大半の人の方法(適当な買い物リストを手にダラダラとカートを押して歩く方法)は、スーパーマーケットの利益にはさまざまな形で貢献しても、買い物をする本人の利益にはあまりなりません。なぜなら、スーパーの店内では、たくさんの心理トリックが使われているからです。

しかし、そうしたマインドゲームのことを知り、自分の買い物の仕方を変えることで、時間とお金と労力を簡単に節約することができます。

速く買う:店内にいる時間を減らす方法

スーパーといえば、まっ先に頭に浮かぶことの1つが、店内に流れるBGMではないでしょうか。しかし、どういう理由で、お店がああいった曲を流しているかご存じですか? たいていの場合、かけているのは、あなたをゆっくりさせる目的で意図的に選ばれた曲なのです。スローな音楽は、買い物客の動作を遅くします。それはつまり、お店により長くとどまり、セールや販促オファーを見たり、余分なものを買おうとしたりする、ということです。

衝動にまかせて買うのがいちばん速そうに思われるかもしれません。衝動買いの人は、動くのも決めるのも早いからです。しかし、そういう人は概して非効率的で、あちこち無計画にウロウロし、買い忘れも多く、手あたり次第の買い方をします。その週の後半には近所の店で買い足さなくてはならないものが出たり、週あたりの出費が多かったり、食べる前に賞味期限が切れてしまったり、といったことが多いのです。

さっさと効率的な買い物をするための重要ポイントの1つが、買い物の前に腹ごしらえをして、血糖値を上げておく、ということです。たとえ、そのためにわざわざおやつを買って店の入り口で食べてでもやるべきです。というのは、空腹と低血糖は、買い物の仕方に大きく影響してしまうからです。低血糖の状態では、人は動作も思考も遅く、混乱しやすく、不健康で余計なモノに手を出してしまう可能性が非常に高いのです。

1/3ページ

最終更新:7/12(火) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事