ここから本文です

タキツバ滝沢、キンキ光一、NEWS手越がお気に入りのジャニーズJr.は?

リアルサウンド 7/12(火) 7:00配信

 ジャニーズではデビューするまでの修行期間、ジャニーズJr.のメンバーとして活動するという慣例がある。彼らは、先輩グループのコンサートでバックダンサーを務めたり、先輩が座長を務める舞台に出演するなど、数々の先輩と共演し、経験を積む。そのなかでも、いち早く可能性を見出されるメンバーがときに存在する。今回はジャニーズJr.と交流の多い滝沢秀明、堂本光一、手越祐也に焦点をあて、彼らが今注目するメンバーを紹介したい。

■タッキー&翼 滝沢秀明→Snow Man 深澤辰哉

 タッキー&翼の滝沢秀明は、7月8日に放送した『A-Studio』(TBS)で司会の笑福亭鶴瓶からも“小さなジャニーさん”と言われていたように、今まで数々のジャニーズJr.をピックアップしてきた人物である。滝沢は、自らが脚本や構成を手掛ける『滝沢歌舞伎』を始め、タッキー&翼のコンサートなどを通してジャニーズJr.と共演する機会が多く、同番組では、これまでも滝沢が山下智久やKis-My-Ft2の北山宏光など、数々のデビュー組メンバーの世話をしてきたことを明かしていた。そして現在、滝沢が気にかけているジャニーズJr.が、Snow Manの深澤辰哉。深澤は『滝沢歌舞伎2016』の千穐楽で、今回初の女役であることを悩んでいた時に、滝沢から「お前にしか出来ない。お前のために作った役だ」と言われたことを明かしており、滝沢は深澤のために役を用意するほどの思いの入れようなのだという。

■KinKi Kids 堂本光一→Prince 岸優太

 KinKi Kidsの堂本光一が座長を務める『Endless SHOCK』にも、数々のジャニーズJr.が出演している。2013年の同公演で初出演したPrinceの岸優太は、つい先日も「憧れている先輩は堂本光一くんです」と『まいど!ジャーニィ - 関西テレビ』(BSフジ・7月10日放送)で宣言した通り、光一への尊敬の視線は昔から変わらない。光一は、当時の公演のMCで岸を「カンパニーの天使」と評し、可愛がるような発言ばかりであったが、公演後に答えていた各雑誌のインタビューでは、岸の成長を見守るような発言が多く掲載されていた。岸も光一に言われた「無理して頑張れ」という言葉を「自分の限界の上にあるあと一歩どう踏み出せるかが勝負」(『月刊TVnavi』産経新聞出版、2015年10月号)と受け止め、その後も様々な場面で努力を続けている。ひたむきな岸の姿勢は功を奏し、2016年2月に公開された映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』に出演。演技の面に限らず、岸が光一から学んだものはこれから様々な場面で生かされていくだろう。

■NEWS 手越祐也→MADE 秋山大河

 お騒がせキャラで、女性、男性ともに人気を得ているNEWS手越祐也のファンは、ジャニーズJr.内にも多い。手越は昨年頃から後輩との関わりが増え、Prince神宮寺勇太、岩橋玄樹、岸とのエピソードや、NEWSのメンバーを含め後輩たちと食事に行く「手越のLINEグループ」があることを『KちゃんNEWS』(文化放送)で明かしていた。また『Wink up』(ワニブックス)の企画を通して親睦を深めていった中村嶺亜が、手越のレコーディング風景を見学するという夢を叶えている。しかし、手越が最も仲の良いジャニーズJr.といえば、同期であるMADEの秋山大河。滅多に後輩の公演に訪れることがない手越が、先日7~8年ぶりに「MADE」の公演に訪れ、後輩がNEWSの歌を披露していたことに感動し、同番組の5月31日放送の際にエールを送っていた。また、番組中に秋山と電話を繋いでラジオに出演させるという共演サプライズも起こし、秋山からは「悩んだ時とか、プラス思考な言葉が返ってくるから、モチベーションが上がる」と手越の先輩としての姿を語っていた。

 憧れの先輩の背中を追って、いつの日かのデビューを夢みるジャニーズJr.。一方的な憧れの思いだけではなく、振り向いて応援し、チャンスまで与えてくれる先輩がいる環境はジャニーズグループならではないのだろうか。また、先輩の立場であるメンバーは、演技や歌だけではなく、努力の仕方を教えているという点が、後輩を立派なアイドルとして成長させていこうとする姿勢を感じさせる。現在、ジャニーズJr.の彼らがバックダンサーとしてではなく、様々な音楽番組などで憧れの先輩と共演する日が今から待ち遠しい。

梅中麻衣

最終更新:7/12(火) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。