ここから本文です

【知っておきたい目の健康】日本人に近視が多い3つの理由

エイ出版社 7/12(火) 17:50配信

日本人と近視の因果関係

日本は世界でも近視の多い「近視大国」。それには日本特有のあんなことやこんなことが関係しているというのだが……。「これが原因なの!?」と驚かずにはいられない、日本人と近視の因果関係をご紹介しよう。

日本人に近視が多い理由として、まず挙げられるのが「住宅事情」。遠くを見るという行為は近視や老眼の予防に有効だが、欧米に比べて狭い家で暮らす私たち日本人は、家の中で遠くを見る機会にはなかなか恵まれない。その蓄積が近視率の高さにつながっているというのだ。

また、日本人の「勤勉」な気質も大きく影響しているという。仕事に勉強に、何事にも真面目に取り組む姿勢は素晴らしいのだが、それだけに幼少期より目を酷使する生活を送ってしまいがち。これでは視力が低下するのも当然というわけだ。

「日本語」が目に悪いって本当?

日本語そのものが目に悪影響を及ぼすのではなく、問題は「漢字」にある。世界の文字の中でも漢字は画数が多く複雑な字形をしており、近視を誘発しやすい。そのため、漢字を使う台湾は日本と並ぶ近視大国。近代化が著しい中国に至っては、今や近視人口は世界一とされているのだとか。

「これで近視にならなければウソだ!」というほど、目に優しくない環境下にある私たち日本人。スマホを見る時間を減らすなど、日々の生活の中で、もう少し目の健康に気を配りたいものだ。

(エイパブ編集部・ヨシダ)

最終更新:7/14(木) 10:33

エイ出版社