ここから本文です

高畑充希が声優務める『ひるね姫』ポスター公開 ヒロインがロボットの腕の中でお昼寝

リアルサウンド 7/12(火) 12:00配信

 『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治監督最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』より、劇場用ティザーポスタービジュアルが公開された。

 本作は、神山監督完全オリジナル書き下ろしのファンタジー。岡山県倉敷市児島の穏やかな町を舞台に、所かまわず昼寝をしては怒られる女子高生の森川ココネが、いつも同じ夢を見ていることに気づき、知られざる家族の絆に触れる模様を描く。アニメーション映画への参加は自身初となる高畑充希が、岡山弁の主人公ココネの声優を務め、『ベイマックス』のコヤマシゲトが、ロボットに変形するサイドカー“ハーツ”のデザイン原案を担当している。

 7月16日より全国の劇場に掲出されるポスタービジュアルには、“なんでこんなに一日中、眠てえんじゃろ?”のコピーとともに、犬のぬいぐるみを抱きかかえ、ハーツの腕の中で気持ちよさそうに眠る女子高生・森川ココネの姿が捉えられている。

 なお、公開日は2017年3月に決定している。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/12(火) 12:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。