ここから本文です

レアル新星、心臓に問題なし? 現役続行を宣言「引退するつもりはない」

フットボールチャンネル 7/12(火) 8:30配信

 心臓の問題が指摘されたレアル・マドリー所属のMFルーカス・シウバが、現役引退する可能性を否定した。11日にフランス紙『le10sport』が報じている。

 シウバはスポルティングCPに期限付き移籍することで合意に至っていたが、メディカルチェックを受けた結果、心臓に問題が発覚したことで通過しなかったという。また、心臓疾患とされたことから、移籍不成立になっただけでなく、現役引退する可能性も浮上していた。しかし、同選手はその可能性を否定し、現役引退しないことを自身のツイッターで明かした。

「先週の金曜日、スポルティングCPと契約する前にメディカルチェックを行い、心臓の問題が検出された。その後、同じ金曜日に心臓に異常がないという証拠を得られた。どうやら、1回限りのものだったようで、特定の原因は見つからなかった。僕はいくつかのメディアに登場し、”引退するつもりはない”ということを正式にきっぱりと伝えたい。応援メッセージありがとう」

 シウバはまだ23歳と若く、今後の成長が期待される選手だ。今季はマルセイユに期限付き移籍し公式戦33試合に出場していた。心臓に問題がないと証明されれば、スポルティングCPへの移籍が実現する可能性もあり、今後の動向に注目が集まっている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/12(火) 9:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。