ここから本文です

フランス代表の万能型MFがEUROの活躍で成り上がり! 英2部所属ながら移籍金は45億円まで高騰!

Football ZONE web 7/12(火) 15:22配信

ニューカッスルMFシソコ「CLでプレーするクラブ。それが僕の流儀」

 ニューカッスルのフランス代表MFムサ・シソコは欧州選手権(EURO)決勝ポルトガル戦で、パワフルなドリブルと無尽蔵のスタミナを生かした守備での貢献で絶大な存在感を示した。試合は0-1で敗れ、準優勝に終わったが、本人は評価を高めた。英2部チャンピオンシップ所属選手としては破格の3500万ポンド(約45億円)の移籍金に高騰したと英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 シソコは身長187センチという恵まれた体格を持ち、ボランチを本職としていた選手。しかし、そのスピードや推進力を評価されて所属のニューカッスルではサイドで起用されることが多かった。フランス代表として参戦していたEUROでも、序盤はベンチスタートだったが、準々決勝アイスランド戦(5-2勝利)で転機が訪れた。レスターMFエンゴロ・カンテが出場停止となり、フランス代表がシステムを4-3-3から4-2-3-1に変更したのを機に右サイドで先発起用された。

 決勝戦のポルトガル戦でもスタメンに名を連ねると、両サイドに頻繁に顔を出し、ボールを受けた時には得意の力強いドリブルでポルトガル守備網を突破。何度もチャンスを演出した。

 最新のレポートによると、大舞台で実力を示したシソコについて、ニューカッスルは45億円の値札を付けているという。ニューカッスルは昨季リーグ戦18位となり、2部に降格。13年1月に仏トゥールーズから加入したシソコは以前から移籍願望を語っていた。そして、今こそ、より高いレベルでのプレーする好機だと見ているようだ。

本人はアーセナル希望

「僕は3年半全てを尽くしてきた。彼ら(ニューカッスル)はよりスマートに対応して欲しい。僕は成長を続けたいし、最高レベルで戦う必要があるんだ。同時にフランス代表にも残りたい。そのためにはチャンピオンシップではプレーできない。話し合いは行われるだろう。彼らが僕の意見を聞いてくれることを願うよ。僕は出て行きたい」

 シソコは移籍先の希望として引き続きイングランドであること、それも欧州王者を狙えるクラブと堂々宣言した。

「イングランドでキャリアを続けたい。チャンピオンズリーグでプレーするクラブだ。これが僕の流儀に最もフィットすると思うんだ」

 ニューカッスルからの脱出希望を明かしたシソコ。移籍には高額の移籍金が必要となる。以前から憧れのクラブと語っていたアーセナルはこのオフにベテランのチェコ代表MFトーマス・ロシツキーや、元フランス代表MFマテュー・フラミニ、前主将MFミケル・アルテタらを一斉に放出した。スイス代表主将のグラニト・ジャカを獲得したが、中盤は手薄となっている。高額移籍金はネックとなりそうだが、EUROの活躍で、今夏の移籍市場で注目の存在となることは間違いなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/12(火) 15:22

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。