ここから本文です

かつての天才司令塔ガスコイン氏が路上で“ご開陳” 酒などで衝撃的にやせ細った姿を激写される

Football ZONE web 7/12(火) 17:00配信

英紙報道 20年前のEUROの英雄がガウン一丁でくわえタバコ

 元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏はこれまで薬物問題など様々な問題を起こしているが、ジンを購入しようとした際に醜態をさらした。あまりに痩せこけた姿と下半身が露わになった瞬間を英メディアで報じられ、フットボール界に衝撃が走っている。英地元紙「サン」が「ポール・ガスコインに新たなどん底。更なる大酒を求めて街中で開陳」と特集している。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 イングランド代表が欧州選手権(EURO)16強で小国アイスランドに1-2で逆転負けを喫し、不甲斐ない敗退となる中、20年前の1996年大会で4強進出に導いたかつての天才司令塔も悲惨な末路を歩んでいる。

「フットボール界のアイドルはガウン一丁で酒を購入しようとし、唇に曲がったタバコをくわえながら裸足でよろめきながら出てきた。49歳のガッザはジンのボトルとタバコと鎮痛剤を手にタクシーに戻ってきた。タクシーから足を踏み出した際、着ていたガウンがずれ落ち、下半身が丸見えになってしまった」

額には深い傷跡まで刻まれる

 記事ではレジェンドのショッキングな姿をこう伝えている。目撃者は「彼は街中でたたずんでいたので、隣人はみんな気づいていた。ガッザにとってはまた社会的な不名誉となったことが残念。みんな彼のことを心配している」と語ったという。

 現役時代のガスコイン氏は繊細なテクニックとパスセンスで、イングランド代表にとどまらずトットナムやニューカッスル、ラツィオで活躍したが、引退後は精神的に不安定でアルコール、薬物など様々なトラブルを抱えている。額には傷跡が刻まれているなど、かつての英雄には心配の声が高まっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/12(火) 17:00

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ