ここから本文です

バロンドールは俺だ! C・ロナウドがクラブ・代表のダブル欧州制覇でメッシから王座奪還を確信

Football ZONE web 7/12(火) 17:52配信

念願の代表でのタイトルに「キャリア最高の瞬間」

 ポルトガル代表のレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドは欧州選手権(EURO)決勝でフランス代表を下し、優勝を果たした。今回の代表初の栄冠を手にしたことで自身4度目となるバロンドール獲得を確信している。スペイン地元紙「AS」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 サンドニで行われた決勝戦の前半25分にロナウドは左膝の故障で号泣しながら交代した。だが、延長戦ではフェルナンド・サントス監督よりも前に出る衝撃の闘将ぶりで、チームを鼓舞。優勝に貢献した。

 興奮のあまりに指揮官を羽交い締めにするなどオーバーヒートしたロナウドは「彼は今大会で最も重要な人間だ。多くの選手が彼の言葉に感銘を受けていた。僕も含めてだ」と、サントス監督のことをフォローしていた。

「2004年からメジャータイトルをずっと求めてきた。本当に幸せでキャリア最高の瞬間なんだ。歴史に名を刻みたくてポルトガル代表で何かを成し遂げたいと語ってきた。それができた」と語ったロナウドは2014年シーズン以来のFIFAバロンドール獲得に自身を深めている。

「この勝利が(バロンドール獲得の)助けになるだろう」

 バロンドールについて質問を受けたロナウドは「この勝利が(バロンドール獲得の)助けになるだろう。でも、そこに固執はしないけれどね」と語った。ロナウドはレアルで昨季リーグ35得点12アシストを記録。そして、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしている。

 年間最高選手選出へのライバルはバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスと永遠のライバル、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシか。バルセロナはリーグと国王杯の二冠を達成している。スアレスはリーグ40得点19アシストという圧倒的な成果を上げている。一方、メッシはリーガ26得点18アシストという結果を残した。

 メッシとスアレスは南米選手権で優勝を果たすことができなかった。タイトルという面ではクラブと代表で欧州を制覇したロナウドに軍配が上がることになる。

 授賞式は来年1月、スイスのチューリッヒで行われる。ロナウド自身が一歩リードを確信する世界最高選手の座をめぐる戦いにも注目だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/12(火) 17:52

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。