ここから本文です

ベイル、EUROベストイレブン選外に…ファンがSNSで不満の声「入れるべきだと思う」

フットボールチャンネル 7/12(火) 11:12配信

 現地時間11日に欧州サッカー連盟(UEFA)がEURO2016のベストイレブンを発表した。しかし、ウェールズ代表のエースであるガレス・ベイルが選出されなかったことで、ツイッターなどのSNSでは不満の声が相次いで投稿されたようだ。11日に英紙『テレグラフ』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ジョー・アレンやアーロン・ラムジーといったウェールズ代表の選手が選ばれる中、今大会3得点1アシストを記録したベイルは選ばれていない。ウェールズにとって今大会がEURO初出場となったが、準決勝進出という快進撃を成し遂げた。ベイルはその躍進の中心として活躍していた選手の一人だ。

 この発表に対してツイッターでは「ボヌッチもいない、ベイルもいない、どういうこと?」や「なるほど、私の考えではベイルはベストイレブンに入れるべきだと思う」といった声、また「ジョー・アレンは含まれていて、ベイルは確認できない…」など、納得がいっていないと思われるつぶやきが多数投稿された。

フットボールチャンネル

最終更新:7/12(火) 11:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。