ここから本文です

EURO決勝で負傷のC・ロナウドは全治4週間 清武移籍のセビージャとのUEFAスーパー杯では再び闘将に!?

Football ZONE web 7/12(火) 21:52配信

スペイン紙報じる 北米ツアーとセビージャ戦の欠場へ

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは欧州選手権(EURO)決勝フランス戦(1-0)で、ウェストハムMFディミトリ・パイェの激しいタックルを浴びて無念の負傷交代となった。ロナウドが左膝内側側副靱帯を負傷で3~4週間の離脱となり、8月1日からの北米ツアーや9日に今季初タイトルを争うUEFAスーパーカップを欠場することがわかった。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ロナウドはEURO決勝のフランス戦、パイェからのタックルで左膝を強打。一度は左足をテーピングで固定してプレーを強行したが、走ることすらままならないほどの痛みに耐えきれずに自ら交代を要求涙を流しながらピッチを後にした。応急処置を終えてベンチに戻ったロナウドは、試合終盤テクニカルエリアまで飛び出し、激しい動きでフェルナンド・サントス監督をも押しのけて味方に指示を送る姿が話題となった。ベンチ前での躍動で靭帯断裂などの重症でないことは明らかだったが、今後は治療が必要となることが分かった。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

パイェのチャージで左膝内側側副靱帯損傷

 記事によればロナウドは左膝内側側副靱帯のグレード1の故障ということで、復帰には1ヶ月程度を擁する見込みだ。レアルは8月1日から北米ツアーを行うが、ロナウドはチームに帯同しない予定だという。クラブは100%回復させるために、マドリードに残ってリハビリに専念させるつもりのようだ。

 また前年度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で優勝したレアルとUEFAヨーロッパリーグ(EL)で3連覇を果たしたセビージャが対戦する8月9日のUEFAスーパーカップは欠場する見込みだ。

 日本代表MF清武弘嗣が加入したEL王者セビージャとのスペイン勢対決にロナウドは不在となる。EURO決勝ではタッチライン際でヒートアップしたロナウドだが、この一戦はでも闘将と化すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/12(火) 21:52

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。