ここから本文です

名将から名将へ。ペップ、後任アンチェロッティに“置き手紙”「幸運を祈ってるよ」

フットボールチャンネル 7/12(火) 11:50配信

 昨季限りでバイエルン・ミュンヘンの監督を退任し、今季からマンチェスター・シティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督は、自身の後任であるカルロ・アンチェロッティ監督にメッセージを残して去っていったようだ。独紙『ビルト』が伝えている。

 これまでミランやレアル・マドリーなどのビッグクラブを率いて数々のタイトルを獲得してきたイタリア人のアンチェロッティ監督は、現地時間11日にバイエルンで就任会見を行った。

 同紙によれば、“ペップ”・グアルディオラ監督は、バイエルンオフィスのマネージャールームに置かれたホワイトボードに「尊敬の念を込めて、カルロの幸運を祈っているよ!」とイタリア語で書かれたメッセージを残していったのだという。

 このメッセージに、アンチェロッティ監督は「彼は“幸運”というイタリア語と頭文字を書いた。とても嬉しいよ。私たちは良い関係にある」と感謝の言葉を述べている。

 語学力に長けるグアルディオラ監督は現役時代にブレシアとローマでプレーしており、イタリア語も堪能。名将から名将へ、粋な“置き手紙”が渡されていたようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/12(火) 12:09

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。