ここから本文です

脱税疑惑のメッシに神のご加護? 名シスターが擁護「十分な税金を支払った」

フットボールチャンネル 7/12(火) 12:53配信

 脱税疑惑で有罪判決が下ったバルセロナのリオネル・メッシに心強い味方が現れたようだ。11日付け『マルカ』が報じた。

 禁固21ヶ月の有罪判決を下されたメッシだが、クラブはSNS上でメッシをサポートするキャンペーンを開始。それ以降、多くの人がメッシ擁護を行っているが、シスター・ルシア・カラム修道女がメッシを擁護したことで話題になっている。

 アルゼンチン出身のシスター・L・カラム修道女は1989年よりバルセロナ県マンレサにあるドミニコ会修道院に入っており、カタルーニャ州では著名な人物である。

 シスター・L・カラム修道女は「彼はもう十分すぎるほど税金を支払ったと思います。彼がどんな人間が知っていますし、何度も話したことがあるのでどのような性格か知っています。彼は何が起こっていたかわかっていなかったと思います。“袋叩き”にするために彼の名声を利用しているのです」と同胞であるメッシを擁護した。

 PK戦にまで及んだチリとのコパ・アメリカ決勝ではPKを外し、直後にアルゼンチン代表からの引退を表明するなど悲運が続くメッシだが、神の加護はあるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/12(火) 12:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。