ここから本文です

名将への序章か。Cロナ、ハーフタイムに選手を鼓舞「いいか。オレたちは絶対に勝てる」

フットボールチャンネル 7/12(火) 14:39配信

 EURO決勝戦でフランス代表を下して悲願の初優勝を遂げたポルトガル代表だが、その裏にはエースの鼓舞があったようだ。英紙『ザ・サン』が伝えている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ポルトガルはエースでありキャプテンでもあるクリスティアーノ・ロナウドが前半で負傷交代。エースには不安が走ったが、延長戦にまでもつれ込む激戦を制した。

 サウサンプトンに所属するDFセドリック・ソアレスは、ロナウドが負傷したことについて「僕やチーム、そしてみんなにとって少しショックだった」と述べる一方、ハーフタイムにロナウドがチーム全員を激励していたことを明かしている。

「ハーフタイムで、クリスティアーノは僕たちに素晴らしい言葉をかけたんだ。彼は僕たちを大きく信頼してくれた。“いいか。オレたちは絶対に勝てるはずだ。だから一緒残って戦う”と言ったんだ。信じられなかったよ」

 交代後は治療のためロッカールームへと戻ったロナウドだが、延長戦に入るとピッチに戻り、チームメイトに必死に声をかけて鼓舞している。

 24歳のソアレスは「試合中いつも選手に素晴らしい言葉をかけていた。僕は本当にこのチームの一員としてチャンピオンになれたことを幸せに思う」と、ロナウドの声がチームの励みになっていたと語っている。

 フェルナンド・サントス監督を押しのけてチームに指示を飛ばす場面はまるで監督さながらと話題にもなったが、将来的にはチームを鼓舞するモチベーターとして名将への仲間入りを果たすかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/12(火) 14:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。