ここから本文です

J3栃木、キプロスから元エースが電撃復帰! 過去に2度のチーム得点王が古巣に帰還

フットボールチャンネル 7/12(火) 19:55配信

 J3の栃木SCは、キプロス1部リーグのドクサ・カトコピアFCからブラジル人FWリカルド・ロボを完全移籍で獲得することを発表した。背番号は「32」となる。

 リカルド・ロボは2010年、2011年シーズンにも栃木に在籍。16得点、12得点とそれぞれチーム得点王になる活躍を見せた。

 2012年からは柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉を経てドクサ・カトコピアに移籍。その後はブラジルのチームや愛媛FCなども渡り歩き、14年末にドクサ・カトコピアへ復帰している。

 栃木のオフィシャルサイトを通じ、「栃木の皆さんお久しぶりです。日本に戻ることができて嬉しく思いますし、そのチームが栃木SCであることが更に幸せだと感じています。J2復帰、更には自分がいた頃の目標であったJ1昇格を成し遂げる為に帰ってきました」と抱負を語っている。

 昨季のJ2では最下位に終わって降格を喫した栃木だが、16試合を終えてJ3で首位に立っている。かつてのエースの電撃復帰は、J2昇格を後押しする存在となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/12(火) 20:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。