ここから本文です

バルサ、ドイツ代表DF獲得へ。J・アルバのバックアップ要員か

フットボールチャンネル 7/12(火) 21:30配信

 リオネル・メッシやネイマールのピッチ外での問題に揺れるバルセロナだが、新シーズンに向けた準備も着々と進めている。すでに下部組織育ちのMFデニス・スアレス復帰を発表し、次なるターゲット確保に向けて動き出した。

 独紙『エクスプレス』など複数メディアによれば、バルサはEUROで評価を高めたドイツ代表DFヨナス・ヘクターの獲得に興味を示しているようだ。

 ケルンに所属する26歳のDFは左サイドバックとしてドイツ代表のレギュラーに定着。EUROでは全6試合に先発出場して一気に評価を高めた。リバプールやヴォルフスブルク、トッテナムなども興味を示していたようだがバルサは高額な移籍金を提示して引き抜く意向のようだ。

 バルサの左サイドバックには現在ジョルディ・アルバという絶対的存在が君臨しているが、アドリアーノ・コレイアは退団が濃厚と見られ控えの層は心もとない。そこでヘクターに1800万ユーロ(約21億円)を投じるという。

 右サイドバックのダニエウ・アウヴェス退団が決まり、守備陣の補強が必要なバルサ。ここ数年懸案だったポジションの強化を抜かりなく進めている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/12(火) 21:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。