ここから本文です

【J1展望】甲府×磐田|堅守再建中の甲府は、磐田の小林、アダイウトンらを抑えられるか

SOCCER DIGEST Web 7/12(火) 19:00配信

甲府――中盤から前線の構成は、2トップ+3ボランチが有力。

J1リーグ2ndステージ・3節
ヴァンフォーレ甲府-ジュビロ磐田
7月13日(水)/19:00/山梨中銀スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
2ndステージ成績:16位タイ 勝点0 0勝0分2敗 0得点・4失点
年間成績:17位 勝点15 3勝6分10敗 18得点・35失点
 
【最新チーム事情】
●第1ステージの仙台戦での逆転負けから4連敗中。この間、1得点・9失点と攻守とも苦戦中。
●ジェイ、アダイウトン、小林を擁する磐田対策と、シーズン終盤の戦いを見据えて、2トップ+3ボランチでトレーニング。
●ルーキー森に、リーグ戦初スタメンの可能性が浮上。「最初のプレーを大切にして、全部出し切るくらいにやりたい」(森)と意気込む。
●前節のFC東京戦で、新井がでん部を傷める。11日の練習は回避したが軽傷の模様。
●14、15シーズンに在籍経験のあるMFマルキーニョス・パラナが練習参加。
 
【担当記者の視点】
 前節・FC東京戦を落とし第2ステージは連敗スタート。さらに、第1ステージから4連敗中と厳しい状況が続いている。今節も、ジェイ、アダイウトン、小林ら強力なタレントを擁する磐田が相手とあって苦戦が予想される。
 
 そんな相手を前に、失点0に抑えられるかが最大のポイントになる。3バックには、FC東京戦と同じく新井、土屋、津田の3人が並ぶ見込みで、彼らを中心に分厚い守備ブロックを形成し、すくなくとも勝点1は拾いたい。
 
 一方、中盤から前線の構成は従来の1トップ・2シャドー+2ボランチではなく、磐田対策と、シーズン終盤の戦いを見据えて、2トップ+3ボランチが有力。2トップの一角にはルーキーの森にリーグ戦初スタメンの可能性がある。このチャンスを活かせるかは見ものだ。

【EURO2016】スタジアム美女総集編!

磐田――大宮戦でバリエーションが増加。名波監督が選択するのは?

J1リーグ2ndステージ・3節
ヴァンフォーレ甲府-ジュビロ磐田
7月13日(水)/19:00/山梨中銀スタジアム
 
ジュビロ磐田
2ndステージ成績(3節終了時):13位 勝点1 0勝1分1敗 1得点・4失点
年間成績(19試合終了時):11位 勝点24 6勝6分7敗 22得点・27失点
 
【最新チーム事情】
●前節の大宮戦で、名波体制初の2トップを採用。
●ジェイが13試合ぶりとなる今季7点目をマーク。
●パパドプーロスと宮崎が疲労を取るため週明けの練習を回避。
●故障離脱中のGKカミンスキーがグローブをはめての練習を開始。
 
【担当記者の視点】
 今季、名波監督は対戦相手や状況に応じて4バックと3バックを併用。前節の大宮戦は、新たに2トップを採用し、初めて3-5-2の布陣で臨んだ。コンビを組んだジェイとアダイウトンは、まだまだ修正点はあるとしながらも、「お互いの距離が近くなってやりやすい」と新システムを歓迎。

 第2ステージ初戦の広島戦はゴール前での攻めの厚さ、迫力に欠けたが、大宮戦はその点も改善の兆しが見えた。また、高い位置からの守備がハマった点でも、戦い方のバリエーションが増えた試合だった。
 
 甲府は調子が良いとは言えないが、選手たちは「侮れない相手」と気を引き締める。堅守を武器とする相手だけに、いつも以上に先制点を挙げることが重要になる。守りを固められると厄介だ。システムは第1ステージでの対戦と同じ4バックか。
 
 名波監督は、ここからの7戦でどれだけ勝点を積み上げられるかを今季のポイントと捉えている。初戦に勝利して、真夏の山場の戦いに勢いをつけたい。

最終更新:7/12(火) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。