ここから本文です

【J1展望】鹿島×名古屋|連勝を狙う鹿島から、名古屋は久々の勝点3を奪えるか

SOCCER DIGEST Web 7/12(火) 19:00配信

鹿島――エースの古巣相手の躍動に期待。

J1リーグ・2ndステージ3節
鹿島アントラーズ-名古屋グランパス
7月13日(水)/19:00/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(2節終了時):9位 勝点3 1勝0分1敗 5得点・5失点
年間成績(19試合終了時):2位 勝点42 13勝3分3敗 34得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●前節・広島戦でJ1通算100試合出場を達成した土居。節目のゲームで1ゴールを記録し、「決められた良かった」と安堵の表情を見せていた。
●この土居の活躍ぶりに刺激を受けたのが同期の昌子。「自分が100試合出場した時も、印象深い試合にしたい」と意気込んでいた。
●今節のスタメンも、完勝した広島戦と同じ11人が名を連ねる見込み。
 
【担当記者の視点】
 G大阪に1-3と完敗したが、広島には4-2と完勝。悪い流れを引きずらない反発力を示し、連勝に向けてチーム状態は上向いている。
 
 名古屋は降格圏に沈むなど低迷しているが、前回対戦では3-2と打ち合いを演じているだけに油断はできない。ガムシャラに勝点3を狙ってくる相手を上手くいなし、自分たちのペースに引きずりこむことができるか。
 
 ポイントになるのは、持ち味である高い位置からの積極的な守備。その中心になるのは金崎で、豊富な運動量を活かした果敢なチェイシングを繰り返すことで、チーム全体の守備意識を高めたい。前回対戦では欠場していたエースの古巣相手の奮闘は、ひとつの見どころだろう。
 
 昌子&ファン・ソッコのCBコンビの出来も重要だ。リオ五輪で植田不在時を見据え、前節に続き先発が見込まれるふたりの連係でミスが出れば、失点の不安は高まる。コーチングとカバーリングをいつも以上に徹底し、完封勝利を目指したい。

【EURO2016】スタジアム美女総集編!

名古屋――欲しいのは勝点3だ。

J1リーグ・2ndステージ3節
鹿島アントラーズ-名古屋グランパス
7月13日(水)/19:00/県立カシマサッカースタジアム
 
名古屋グランパス
2ndステージ成績(2節終了時):16位 勝点0 0勝0分2敗 0得点・4失点
年間成績(19試合終了時):16位 勝点17 4勝5分10敗 24得点・33失点
 
【最新チーム事情】
●前節の川崎戦で退場したイ・スンヒが出場停止。代役は明神が務める見込み。
●永井、田口らに加え、小川が新たに負傷者リスト入り(前節の川崎で左太腿を負傷)。
●CBは新戦力の酒井を先発で起用か。
 
【担当記者の視点】
 前節は川崎に0-3で敗れ、ついに降格圏の16位に転落。いよいよクラブ初のJ2落ちが現実味を帯びてきた。アウェーでの鹿島戦とはいえ、欲しいのは2か月以上遠ざかっている勝点3だ。
 
 ただ、イ・スンヒが前節の退場により出場停止で、永井、田口らに加えて小川も負傷するなど状況は芳しくない。イ・スンヒの代役を務めそうな明神、前節、先発で名古屋デビューを果たした扇原とハ・デソンには悪い流れを変える働きを期待したい。
 
 また、リーグワースト2位の失点数を計上する守備陣では松本から加入した酒井がCBで先発しそうだ。前節も3失点を喫した最終ラインの救世主になってくれれば良いが……。
 
 加えて和泉、松田ら途中出場からでも流れを変えられる選手が控えるだけに、小倉監督の采配も鍵となる。指揮官には勝利に結びつく思い切った決断をしてもらいたい。

最終更新:7/12(火) 19:00

SOCCER DIGEST Web