ここから本文です

パール・ジャム、22年ぶりに『Angel』を演奏

ローリングストーン日本版 7/12(火) 17:00配信

パール・ジャムは、テルライドで行われたライド・フェスティバルで、『Angel』(1993年)、そして『Santa Cruz』(2009年)の2曲のクリスマス・シングルを掘り起こした。

【映像あり】パール・ジャム、22年ぶりに『Angel』を演奏

パール・ジャムの2016年のツアーは、バンド結成25周年をステージで祝う意味合いから、過去のレパートリーを深く掘り起こしている。『TEN』、『Vs.』、『バイノーラル』のフル・アルバムの演奏や、スティング、ドゥービー・ブラザーズの予期せぬカバーも登場した。彼らは、7月9日にコロラド州テルライドのライド・フェスティバルで行われたバンド名義のギグで、またもや観衆を驚かせた。1993年のクリスマス・シングル『Angel』を、1994年以来初めて演奏したのだ。

「次の曲は、あまりプレイしてこなかったのを知っている人もいるだろうし、知らない人もいるだろうね」とヴェダーは演奏の前に聴衆に語りかけた(Stereogumより)。「この曲は以前の僕らのドラマー、デイヴ・アブラジーズが書いたんだ。彼が元気でいることを祈るよ」。

アブラジーズがパール・ジャムに加入したのは『TEN』のレコーディングの直後で、1991年のこのデビューLPのツアーのバンドのドラマーとしてだった。彼は『Vs.』と『ヴァイタロジー』の制作の大半までパール・ジャムの一員だったが、最終的には1994年に解雇され、ジャック・アイアンズが後任となった。2015年には、テキサス州デントンで、規制薬物に関する問題で2種類の逮捕状がアブラジーズに出されている。

パール・ジャムが『Angel』を演奏したライヴは数回。1992年のブリッジ・スクールの慈善コンサートで、アブラジーズがギターを弾いたアコースティック・バージョンはそのうちの1回だ。

9日のライヴ会場で、演奏が聴けたレアな曲は『Angel』だけではない。2009年のクリスマス・シングル『Santa Cruz』も2010年以来初めてライヴで演奏された。この曲が過去にライヴで演奏されたのはこれで2度目のこととなる。

Translation by Kise Imai

DANIEL KREPS

最終更新:7/12(火) 17:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他