ここから本文です

沢村一樹「ドSかドMか分かんない! でも楽しい!!」

Smartザテレビジョン 7/13(水) 5:01配信

7月16日(土)スタートの「連続ドラマW 希望ヶ丘の人びと」で主演を務める沢村一樹にインタビューを敢行。同作で2児の父親・田島を演じる沢村に、見どころや撮影現場の裏話などを語ってもらった。

【写真を見る】田島(沢村)は、伝説の不良・永ちゃん(寺脇康文)に突然殴られ困惑する

――WOWOWのドラマ初主演ですが、WOWOWのドラマの印象はいかがですか?

地上波と全然違いますね。今回は深川(栄洋監督)ワールドの中でやっているんですが、こんなに楽しくなるとは思っていなかったです(笑)。深川さん、結構意地悪なんですよ! ドSかドMか分かんない、いろいろな球をいろいろな方向から投げてきて、よけられないんです。でも、それが楽しいです!

――重松清さんの小説はドラマ化されることが多いですが、原作を読まれていかがでしたか?

今回、原作は読んでいないんです。僕は読まないことの方が多いんですけど、「読んでください」って言われた時だけ読むようにしています。多分、活字の印象と映像にした時の印象が、全然違うんじゃないかなと思います。

――実際に田島を演じられていかがですか? 

自分があまり人に見せないようにしてきたところを完璧に見透かされていて、(深川監督に)「さらけ出せ!」って言われている感じです。クランクインのころと今とでは、全然違う気がしますね。最初のころは作っていた感じがします。

深川さんとはドラマ「偽装の夫婦」(‘15年、日本テレビ系)などでも一緒に仕事をさせていただいていて…、多分、沢村一樹という役者をよく知っていて、よく観察される方なんですよ。なので見透かされていている感じがしますね(苦笑)。

――演じられてみて、田島とはどういうキャラクターですか?

相手の気持ちを考えているけど、全く的外れなところが僕とそっくりです(笑)。認めたくないんですけど、僕もそういうタイプなんです。

――勘違いして、やらかしっちゃったことってありますか?

しょっちゅうです。相手の立場に立って物を考えるというのは、あまり上手じゃないです。感情で動いちゃいます(笑)。

――役を通して家族に対する考え方は変わりましたか?

まだ、あまりないですかね。このストーリーのすごいところは、「ほら、変わったでしょ?」って見せてないのに、「変わった!」って感じになるんです。気が付いていないんですけど、変わっていたりすることです。不思議ですね。深川マジックだと思います!

――共演者は同年代で個性派が多く、かなりの“化学反応”が期待できそうですが…。

どうなんでしょね。僕ら試験管が何本かあって、それを混ぜ合わせたらどういう反応が起こるんでしょね。すごい実験だと思います。深川さんだけがある程度、さじ加減を分かっていらっしゃると思います。そこにみんなが気持ち良く乗っかっちゃっている気がしますね。みんな、現場で「はい」しか言わないですもん! 僕は「偽装の夫婦」でも(深川監督と)一緒だったので、そういう風に仕込まれています…(笑)。

でも、昨日、本当に真逆のことを言われたので、「あれっ?」と思って「分からないんですけど…」って言ったら、「この人にはどういう言い方で言ったら分かるのかな?」って感じで話してくださったんです。

しかも時間をたっぷり取って話してくださって。僕、参加しているって感じました。普通の地上波の連ドラではなかなかそういったことに時間をかける余裕がないので、地上波とは違った楽しさを堪能しています!

――奥さん役の和久井映見さんとの共演はいかがですか?

初めてお会いしたんですが、かわいいですね! 昨日、走っている後ろ姿を見て、「うわぁ、いい人と結婚したなー! なんで俺と結婚してくれたんだろう…」って思いました。現場では冗談ばかり言って、人を笑わせるんですよ。あれは持って生まれた性分なんでしょうね。多分、お笑い番組が好きだと思います。笑うのも笑わせるのも好きだと思います。

――沢村さんは3人お子さんがいらっしゃいますが、本作で2児の父親を演じられていかがですか? 

今回は二人(桜田ひより、二宮慶多)に助けられているところが多いですね。二人がすっと僕の懐に入って来たんです。深川マジックか、和久井マジックか、もしくは沢村マジックか!?

すごくすんなり入って来たんです。普通、子役は入って来にくいからどうしようかと考えていたら、顔合わせの時にすっと入って来たんです! 「あっ、家族ができちゃった!」みたいな。

普段もすごく近いところで話をします。普通は他人のおじさんにこんなことを言われたら怖いんだろうなと思うような「おまえ、何やってんだよ!」みたいなこともすっと言えちゃうんです。もちろん、お芝居の中でですけど。気を使わずに言えちゃうんです。

――本作の魅力はどんなところですか?

難しいストーリーだなとは思います。どういうふうに演じたら見る人を楽しませられるだろうと思っていたのですが、現場に行ったら「あなたは、そんなことは考えなくていいです!」と深川さんに言われて。

深川さんの考えていることがまだ見えないんですけど、間違いないんだろうなと思ってやっています。とにかく面白いんです!

最終更新:7/13(水) 5:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。