ここから本文です

敏腕アニメーターが送る「コウノトリ大作戦!」公開決定

Smartザテレビジョン 7/13(水) 6:02配信

“コウノトリ”が赤ちゃんを運んでくるという、世界中で知られる寓話を基にしたアドベンチャー・アニメーション「STORKS」(原題)が、「コウノトリ大作戦!」という邦題で11月3日(木・祝)に全国公開されることが決定した。

同作は「ファインディング・ニモ」など、ディズニー/ピクサーの大ヒットアニメーションを手掛けてきたダグ・スウィートランドを監督に迎え、ワーナー・ブラザース映画が送る最新作。このたび本作の日本公開決定、そして特報映像・ポスタービジュアルが解禁された。

世界で最も有名な言い伝えである「赤ちゃんはコウノトリが運んでくる」という寓話は、既に昔の話。「コウノトリ宅配便社」は、昔のある事件をきっかけに“赤ちゃんのお届け”を禁止し、小包の配達など、売り上げ重視の政策を採っていた。

しかし、会社No.1の配達員であるコウノトリのジュニアは、思わぬ手違いから誕生した人間の赤ちゃんにメロメロになってしまい、彼は会社に内緒で赤ちゃんを人間界に届けることを決心する。

このたび解禁されたポスタービジュアルは、「いくぜベイビー!」の掛け声のもと、超キュートな赤ちゃんを口にくわえた、お人よしのコウノトリ“ジュニア”が大空を飛ぶ様子が描かれており、これから始まる大冒険を予感させる。

また、同時解禁となった特報映像では「コウノトリ宅配便社」に赤ちゃんを注文する少年・ネイト、ジュニアと共に冒険に出る女の子のチューリップも登場。大空を舞台に繰り広げられる「赤ちゃんお届け大作戦」の様子が描き出されている。

その他、コウノトリ宅配便社の社長やジュニアたちの邪魔をするハトのトーディ、赤ちゃんにメロメロになるオオカミたちなど、個性豊かでユーモラスなキャラクターが数多く登場。

果たしてジュニアは、赤ちゃんを無事にネイトのもとに届けることができるのか…。公開まで、ハラハラドキドキしっ放しになりそうな映像に仕上がっている。

なお、本作の監督として、ニコラス・ストーラーと共に指揮を執るダグ・スウィートランドは「ファインディング・ニモ」をはじめ、「モンスターズ・インク」「カーズ」「トイ・ストーリー」など数々のディズニー/ピクサー作品を手掛けてきたアニメーター。

'08年には初監督を務めた「マジシャン・プレスト」が、いきなり米・アカデミー賞にノミネートされた経歴を持つ。ディズニー/ピクサーでは“海の世界”や“おもちゃの世界”の大冒険を描いてきた彼が、本作で描くのは「大空の世界」だ。

「赤ちゃんを運ぶ幸運のトリ」として世界中で愛される、コウノトリを主役に大空を駆け巡る大冒険をスリル満点のアドベンチャーとして描く。

奇想天外な楽しさとハラハラドキドキのスリルに満ちた、この秋最も心が豊かになるストーリーを見逃したら、トリ返しの付かないことになっちゃうかも?

最終更新:7/13(水) 6:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集