ここから本文です

フジテレビ「サザエさん」の視聴率が1ケタまで急落した理由。 (後藤和也 産業カウンセラー/キャリアコンサルタント)

シェアーズカフェ・オンライン 7/13(水) 5:24配信

誰もが知っているご長寿アニメのサザエさん。先日、その視聴率が1ケタ台にまで落ち込んだという。

「3日に放送された「サザエさん」の視聴率が9・9%と2ケタを割ったことが分かった。常に高視聴率をキープしている人気長寿番組「サザエさん」。今年に入って1ケタとなったのは、5月22日の7・7%のみ。

「「サザエさん」に異変!?視聴率1ケタ記録」スポーツ報知 2016/07/04 」

ちなみに5月にも視聴率が1ケタとなったが、この日は「笑点」が「歌丸ラスト大喜利スペシャル」として特別番組を放送したことから、「それに食われた形」(前掲記事)のようだ。5月の視聴率は説明がつくが、7月3日については同時間帯に特番等はなく、原因は不明であるという。

サザエさんはご長寿番組でありながら、常に高視聴率を保っている。1972年の世帯視聴率は33.1%であり、以降アニメ番組では視聴率1位をキープし続けながら、2012年の同率は21.3%である(Video Research Ltdホームページ「視聴率から振り返る「テレビアニメ」の歴史」)。放送開始から50年近くが経過してもなお高視聴率をはじき出すというのは驚異的だ。それゆえに、視聴率が1ケタ台に低下というのは、異常事態なのだ。

■サザエさんに共感できない?!
それでは、サザエさんの視聴率低下の真の原因とはなんなのだろうか。さまざまな要因が想定されるが、筆者は、「サザエさんに心理的な共感を得られない」ことが一つの要因であると考えている。

サザエさん(磯野家)の家族構成は祖父母(波平・フネ)・父母(マスオ・サザエ)・兄妹(カツオ・ワカメ)・子(タラオ)という3世代同居の大家族である。男性陣はサラリーマンとして働き、女性陣は専業主婦(サザエさんがパート労働している回もある)として家庭を守っているという役割分担である。

そもそも、アニメを多く見ている若年層としては、3世代同居の大家族というイメージは描きづらいだろう。「平成18年版少子化社会白書」(内閣府)によれば、「「三世代世帯」の割合は、2005年は6.1%である一方、「核家族世帯」の割合は57.9%となっている。圧倒的に多数派は核家族世帯だ。また、「単独世帯」の増加が顕著であり、同年29.5%である。

1/3ページ

最終更新:7/13(水) 5:24

シェアーズカフェ・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。