ここから本文です

【太りにくいのはどっち?】賢く選んでチリ積もダイエット~ドリンク、デザート編~

Suits-woman.jp 7/13(水) 18:17配信

ダイエット中とはわかっていても、どうしても欲しくなる甘いものやジュース。少しだけならと油断していると、積もりに積もって取り返しのつかない体になってしまうかも……。今回は、油断してしまいやすいドリンクやデザートを、食べる前にちょっと気を付けるだけでできるプチダイエットティップスをご紹介します!

ドリンク編

■飲むなら、市販の野菜ジュースorフレッシュフルーツジュース?

答え:市販の野菜ジュース

市販の野菜ジュースでも、糖質の少ないものを選べばOK。フレッシュジュースのほうが砂糖も入っていないし、ダイエット中に飲むなら断然フレッシュジュ-ス! と言いたいところだけど、実は多くのフレッシュジュースには砂糖が加えられていて糖質が多いという落とし穴が。ダイエットに向いているというわけではないようです。

■カフェで休憩。お供にするなら、カフェラテorカフェオレ?

答え:カフェオレ

意外とひっかかりやすいのが、この問題。決め手は、ミルクの少ない方を選ぶことです。カフェオレはコーヒーとミルクが半々で、カフェラテはエスプレッソの倍以上のミルクを使用しています。そのため、カフェオレが正解。

■お菓子と一緒に飲むなら、コーヒーor紅茶?

答え:コーヒー

甘いお菓子のおともにはコーヒーがベター。コーヒーのカフェインやクロロゲン酸には、血糖値を上げにくくする働きが。代謝が活発になる作用もあるので、お菓子と一緒に飲むドリンクはコーヒーを選びましょう。

■満足感を感じやすいのは、アイスドリンクorホットドリンク?

答え:ホットドリンク

満足感を感じやすいのは、味をしっかり感じられて、ゆっくり飲むことができるホットドリンク。また、美容のためにも体は冷やさないほうが〇。なるべく温かい飲み物を飲み、体を温めてあげると代謝アップにもつながり一石二鳥ですよ。
ごくごく飲めてしまうアイスドリンクは夏には大量摂取してしまいがちですが、満足感を感じにくく、飲みすぎると体を冷やしてしまうというデメリットも。飲みすぎには気をつけましょう。

1/2ページ

最終更新:7/13(水) 18:17

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。