ここから本文です

カープ25年ぶり優勝へけん引。エルドレッド実戦復帰、デラバー加入で競争激化する外国人選手枠

ベースボールチャンネル 7/13(水) 11:00配信

ルナの卓越した技術は地道な取り組みの賜物

 絶大な信頼を集める主砲が代わっても、カープの勢いは止まらなかった。打率.319、16本塁打と猛打でチームを引っ張ってきたブラッド・エルドレッドが故障により戦線を離脱。チームがピンチになってもおかしくない状況である。

 しかし、カープの外国人選手の層は厚い。二軍からエクトル・ルナが一軍に昇格、6月中旬から4番に座り、エルドレッドとタイプこそ違うが、好調な打線の一角を担っている。

 中日ドラゴンズでの3シーズンで408安打、通算で.316の高打率を残している。その打撃理論は一貫している。「長打を狙うわけでなく、低い打球を広角に放つこと」である。

 もちろん、卓越した技術にはたゆまぬ地道な取り組みがある。ルナが練習で大事にするのはスタンドティーである。ボールをティーの上に置き、止まったボールをミートする練習で、全体練習の後に追加で行うこともある。

『アウトコース』『真ん中』『インコース』。ボールを据える位置にも考えを巡らせる。おまけに「さらにインコース」も設定することで、どんなボールでも対応できるように「コンパクトなバットの使い方」を体に染み込ませる。

 しかも、内角球の対応において、強い気持ちが大事なことも知っている。

「野球をやっている人間にとって、怖さを持ってしまうことはマイナスです。アメリカ時代、顔面に95マイルのボールを受けたことがありますが、自分は、次の打席も踏み込んでいきました。もちろん、危険なボールをかわす技術も必要ですが……」

エルドレッド実戦復帰、新外国人選手も加入

 強い気持ちと体に染み込んだ打撃技術、ルナが、あらゆるコースの球を広角に打ち分けるには理由があった。2016年、赤のユニフォームを身にまとっても、その活躍は変わらない。おまけに、彼はフォア・ザ・チームの精神も強いのである。

「もちろんヒットを打つことが大事ですが、自分は進塁打や守備でチームに貢献することを強く意識しています」

 ファーストやサードの守備位置から積極的にマウンドに向かい、投手に声をかける姿も頻繁に見られる。

 全力プレー、次の塁を狙う走塁、状況に応じたバッティング――。
 アベレージヒッターのルナ、フルスイングと長打が魅力のエルドレッド、タイプは違ってもチームの勝利への思いは共通している。もちろん、見据える「夢」も一つである。

 6日のファーム紅白戦、エルドレッドが実戦復帰を果たし、ファーストの守備にもついた。10日の阪神タイガース戦、ルナは2打席連続タイムリーで確実にゲームの流れを手繰り寄せた。

 さらに今月、メジャーでの実績もある157キロ右腕・スティーブ・デラバーも加入した。

 25年ぶりの夢に向け、外国人選手枠をめぐっての競争も激化している。首位躍進に彼らが果たす役割は、極めて大きい。


坂上俊次

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/13(水) 11:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ